オリエンタル・ジプシー

著者 :
  • 青土社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791764297

作品紹介・あらすじ

トルコ、シリア、ヨルダン、レバノン、イラン、ギリシャ、そして地中海に突き出たイタリア…。従来のジプシー研究がおよばなかった空白地帯に初めて挑み、ミッシング・リンクを埋める探索の画期的成果。渾身のルポルタージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アラブ世界のジプシーは総称してドムと呼ばれるが、これはインドの言語サンスクリットの人ないし男という意味である。
    ロマにしろ、ドムにしろたいていの人々が自分を幸福だとは感じていない。
    ナチスドイツではジプシーは、ZigeunerのZを刻印されユダヤ人と区別され殺害された。
    スターとなったジプシーミュージシャンの多くがクラリネット奏者だった。
    ベリーダンスの初期もジプシーによって支えられていた。
    ジプシーは逞しい。そしてその生き方は世界で称えられるべきかどうかはわからないが、舞踏、音楽に与えた影響は大きい。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1950年、東京生まれ。商社勤務で東欧各地に駐在。退社し帰国後、音楽評論および1998年からジプシーの取材・執筆活動を展開。桜美林大学講師。主な著書に『ジプシー・ミュージックの真実』『オリエンタル・ジプシー』(青土社)、『ジプシーを訪ねて』(岩波書店)、『ヒップホップ! 黒い断層と21世紀』(青弓社)、『ユダヤ・リテラシーの視界 アブラハムはディズニーランドの夢を見たか』(現代書館)、『ベリーダンス 伝統と革新のあいだで』(彩流社)ほか。

関口義人の作品

ツイートする