大義を忘れるな -革命・テロ・反資本主義-

制作 : 中山徹  鈴木英明 
  • 青土社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (750ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791764914

作品紹介・あらすじ

グローバル資本主義そしてリベラル民主主義に支配され、高度資本主義の加速する現代にあって、その潮流に抗する真のラディカリストは如何に考え闘争すべきか-フランス大革命、ボルシェヴィキのロシア革命、毛沢東の文化大革命が、人類の普遍原理を追求し、大流血と恐怖政治の悲惨な結末に終息したのはなぜか。ハイデガーとナチズム、フーコーのイラン革命も視野に、裏切られた革命の数々の検証から、反資本主義闘争にとっての火急の要請を根源から問い直す、画期的な理論成る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すんげー分厚い本。しかも、どうでも良いことしか書いてない。
    図書館で借りて、読み飛ばして、すぐに返した。
    でも、なんとなく面白い。
    ジジェクは政治のこと、メディアのこと、映画のことなど論じる。
    退屈しのぎには良い。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才。『イデオロギーの崇高な対象』『ラカンはこう読め!』『ロベスピエール/毛沢東』他。

スラヴォイ・ジジェクの作品

ツイートする