イスラームはなぜ敵とされたのか 憎悪の系譜学

著者 :
  • 青土社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791764921

作品紹介・あらすじ

味方か、さもなくば敵この論理が無数の惨劇の引き金となった。いまや「対テロ戦争」として世界中に拡大するにいたったイスラームへの迫害。そして、その根底にある排除の力学。中東紛争以前の反ユダヤ主義から現在まで続く暴力の連鎖を、歴史・思想・政治などあらゆる側面から徹底的に解明する画期的著作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推薦者 共通講座 木村 章男 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103456&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

日本女子大学文学部史学科教授。パレスチナ人との最初の出会いは1980年8月のレバノンのアイン・アル・ヘルワ難民キャンプ訪問時。以来、アンマーン2年半、エルサレム2年、そしてベイルート半年と長期滞在の機会を得た。パレスチナ/イスラエルに関する見方は『イスラエル』(岩波新書)、『世界史の中のパレスチナ問題』(講談社現代新書)を参照されたい。専門は中東現代史・中東地域研究。日本・イスラーム・ユダヤ関係史にも関心を持っている。

臼杵陽の作品

イスラームはなぜ敵とされたのか 憎悪の系譜学に関連するまとめ

ツイートする