浅草十二階 塔の眺めと〈近代〉のまなざし

著者 :
  • 青土社
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766185

作品紹介・あらすじ

関東大震災で失われた浅草凌雲閣、通称「十二階」。眼下に吉原を望み、日本初のエレベーター、百美人、戦争絵を擁し、絵や写真となり、見世物小屋、広告塔としても機能したこの塔の眺めが、啄木や花袋らのまなざしをとらえ、「近代」の欲望を体現する。新たにコラム「飛行機は空の黒子」「魔法使いの建てた塔」を増補。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・符牒 意味をもたせた文字や図形。記号。符号。仲間だけに通用する言葉や印。合言葉。

  • 華やかな高い展望台としての登場から、飽きられ、廃れていく様が面白い。
    日本初のエレベーターが事故の多さに危険だからと半年で止められていたらしい。
    しかし、技術の発展で大正3年に人知れず復活。
    平日は閑散として、壊す計画まであったが、持ち主は反対。費用の問題だったらしい。
    大震災で半壊し、垂れ下がった福助足袋の巨体看板も危険とのことで、爆破された。万歳万歳と声があがったそうな。

    明治時代のハイカラから大正時代の戦争景気で古いものが廃れていく象徴のようで興味深い。

  • 浅草に引っ越すので、浅草のことを知ろうシリーズ。
    浅草十二階は歴史の教科書にもちょこっと登場する。
    それを学んだときに、けっこうすごいと思ったにもかかわらず、あまりメジャーじゃないというか、個人的にはもっと取り上げられてもいい建築物だと思っているのに何か不当な扱いを受けている気はしていた。
    別にその理由がこの本で分かったわけでもないけど、おそらくはそのキッチュな感じとか、実際あまり人気がなかったこととか、計画変更でいろいろ付け加えられた構造とか、そういうもののせいかも知れない。
    で、筆者は、当時の新聞とか森鴎外、石川啄木、田山花袋、金田一京助あたりを読み解きながら浅草十二階と近代の「まなざし」について考察してる。
    けっこういろんな資料が出てきて充実してると思う。
    「まなざし」とかそれこそ見田宗介の本とか思い出してわくわくする。
    見ることと見下ろすこと、見上げることと見下ろすこと。
    あとはパノラマ館という当時の見世物を対置させつつ、「パノラマ」という言葉についても詳しい。
    わりと内容が雑多な感じもしてしまうけど、単にスカイツリー人気で復刊しただけとは思わせないほど学術的レベルも高いと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

早稲田大学文学学術院教授、滋賀県立大学人間文化学部名誉教授。専門は人間行動学。相互行為場面における声と身体の時間構造の分析を行う一方、さまざまなジャンルの作品批評も行っている。主著に『二つの「この世界の片隅に」』『絵はがきの時代』『浅草十二階』(青土社)、『介護するからだ』(医学書院)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』(新潮社)、『うたのしくみ』(ぴあ)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)他多数。編著に『ELAN入門』(ひつじ書房)。

「2020年 『漂流の演劇 維新派のパースペクティブ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細馬宏通の作品

ツイートする
×