フクシマ以後 エネルギー・通貨・主権

著者 :
  • 青土社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766222

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ものすごく大切でためになることを書いていた気がするけど、いかんせん難解。時期のばらばらなものを集めているからなおさら混乱。呑まれるように読んだ本に☆5はつけられないので。

  • 請求記号:304/Sek  所蔵ID:50062213
    配架場所:書庫入り口横 学生選書コーナー・指定図書

    【コメント】
    日本が騒然となった大震災以後、次々と明らかになった日本のシステムの欠陥と矛盾。復興・再生のためにやるべきこと、見直してみませんか。

    核心に大胆にせまる作者の考えに驚き、納得した一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

『プラトンと資本主義』『ハムレットの方へ』で衝撃的なデビューを果たし、その後も一作ごとに斬新な問題提起を行ってきた関廣野。
その長年に渡る思索を振り返って語り下ろす。さらに日本史についても、従来の見方に囚われない大胆な解釈を提示する。「フクシマ以後」を生きる日本人に贈る1冊。

関曠野の作品

ツイートする