大国主の神話 出雲神話と弥生時代の祭り

著者 :
  • 青土社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766390

作品紹介・あらすじ

日本神話とくに出雲神話圏の主要神オホクニヌシの物語をてがかりに読み解かれる死と再生、豊穣儀礼、皮剥ぎの習俗、稲魂としての鳥、銅鐔の祭儀…。比較神話学の知見から弥生農耕文化への新視点を示し、様々な神話と習俗の謎を解き明かす、吉田神話学の到達点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過去に読んだ吉田敦彦さんの著書と重複する内容が多かった。スクナビコナノミコトの鳥様装束の解説を銅鐸からアプローチするところは新しかった。
    説明文の文末に同じような言葉が続き、読みにくかった。

  • 出雲神話に関する複数の論文を集めたものらしい。あまり統一性のない短篇集を読んでいるみたいで、興味の方向が分散してしまい、集中できなかった。いまいち。

  • 大国主命に関する神話を通して、古代の日本人の宗教を探った本。ギリシア神話との比較を通して「母殺し」について推察しており、それが興味深かった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1960年大阪府生まれ。京都大学大学院教育学研究科修了。博士(教育学)。大阪府立大学人間社会学研究科・教育福祉学類教授。日本ホリスティック教育協会代表、トロント大学大学院OISE客員教授、NPO法人京田辺シュタイナー学校代表理事等を歴任。著書に『ホリスティック教育論―日本の動向と思想の地平』『ブーバー対話論とホリスティック教育―他者・呼びかけ・応答』『世界のホリスティック教育―もうひとつの持続可能な未来へ』ほか。

吉田敦彦の作品

ツイートする