ベリーダンスの官能 ダンサー33人の軌跡と証言

著者 :
  • 青土社
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766413

作品紹介・あらすじ

先駆者から新進気鋭まで、第一線のダンサーたちへの綿密な取材で踊りの魅力と人生を掘り下げる画期的な書。秘められた起源・歴史・変遷をたどり、エジプト、トルコ、アメリカの深奥に踏み込む情報も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【新刊情報】ベリーダンスの官能 799/セ http://tinyurl.com/czglg9u 先駆者から気鋭まで、第一線のベリーダンサーの踊りと人生を綿密な取材で掘り下げる。ベリーダンスの秘められた起源・歴史・変遷をたどり、エジプト、トルコ、アメリカの深奥に踏み込む #安城

  • タイトルからはわからないが、主題は「日本のベリーダンス・シーン」。日本のシーンを作ってきた各世代のダンサーたちへの聞き取りをまとめたもので、ローカルかつマイナーな一つの「文脈」がどのように形成されて来たかを追うエスノグラフィーとして読める(ベリーダンスそのものの歴史はコラムで補われる)。理論面でのフレームワークが弱いので考察はやや物足りないが、様々な人・場所・出来事の意外なつながりが見え、知られざるパースペクティヴが開けてくる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

せきぐち・よしと
音楽評論家、ロマ研究家。
桜美林大学総合芸術学群講師、首都大学講師。
幼少時代からピアノ、バイオリンを学び、
中学校時代にバンド活動を開始。
高校では一気にジャズに溺れ、
19歳からアメリカに音楽留学。
27歳まで音楽活動で暮らす。
1997年から会社員としてヨーロッパでの駐在勤務。
20年を経て帰国後、2005~2015年まで、
音楽夜噺 http://www.ongakuyobanashi.jp/ を主催した。
著書等に、
『ロマ・素描  ジプシー・ミュージックの現場から』
(関口義人 著、東京書籍、2003年)、
『バルカン音楽ガイド』
(関口義人 著、青弓社、2003年)、
『ブラスの快楽  世界の管楽器CDガイド600』
(関口義人 著、音楽之友社、2005年)、
『ジプシー・ミュージックの真実  
ロマ・フィールド・レポート』
(関口義人 著、青土社、2005年)、
『アラブ・ミュージック  その深遠なる魅力に迫る』
(関口義人 編、東京堂出版、2008年)、
『オリエンタル・ジプシー』
(関口義人 著、青土社、2008年)、
『ジプシーを訪ねて  岩波新書』
(関口義人 著、岩波書店、2011年)、
『ベリーダンスの官能  ダンサー33人の軌跡と証言』
(関口義人 著、青土社、2012年)、
『図説 ジプシー  ふくろうの本』
(関口義人 著、河出書房新社、2012年)、
『ヒップホップ!  黒い断層と21世紀』
(関口義人 著、青弓社、2013年)、
『ベリーダンス  伝統と革新のあいだで』
(関口義人 著、彩流社、2015年)、
『ユダヤ・リテラシーの視界  
アブラハムはディズニーランドの夢を見たか』
(関口義人 著、現代書館、2015年)、
『トルコ音楽の700年 
オスマン帝国からイスタンブールの21世紀へ』
(関口義人 著、DU BOOKS、2016年)等がある。

「2019年 『越境する音楽家たちの対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関口義人の作品

ツイートする
×