動物たちはぼくの先生

著者 :
  • 青土社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791767076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「毎日新聞」(2014年7月6日朝刊)で、
    村上陽一郎先生が紹介しています。
    (2014年7月7日)

  • 日高先生が新聞や雑誌に書いたコラム集。
    理系の研究者のエッセイは、読みやすいものが多く、さりげなくご自分の分野を説明してくれたり、楽しい。
    時々出てくる喫煙者の嘆きがカワイイ。

  • 本屋をぶらぶらしていてこの本を見つけ、日高敏隆さんを知ったのですが、動物行動学の高名な先生なのですね。この本のそばにたくさんの著書があり、どれにしようか迷いました。徐々に購入して読んでいこうと思います。
    「子供たちに必要なのは、教育ではなく学習だ」という教育論に感銘を受けました。
    また、1964年にフランスで過ごした際に見たというフランスの家庭、特に食事の仕方は興味深いです。今もそうなのでしょうか。そうだとしたら、日本人が知っているマナーってのはなんなのでしょう?あ、でも家庭で食べるのと外食では、また違うんでしょうか。気になります。

  • 動物たちはぼくの先生、とタイトルにあるけれど、必ずしも直接動物が出てくる話ばかりではありません。皮肉や警鐘も多いけど、決して嫌味ではなくすんなりと読める話ばかりです。人が陥りがちな「近代の闇」をいかに振り払えるか。わかったような言葉を安易に使うこと、様式、常識にあてはめることに強く反発しているような、そんな一冊。

  • この本のタイトルに「動物」とあるが、動物が好きでも嫌いでも、興味がなくても、この本は読めます。分かりやすく、面白い文体で、次から次へと読みたくなる一冊です。自分の考えの幅を広げたい人におすすめの一冊。私もこんな文章が書けるようになりたいです。
    (教育学部・国語専修)

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

【訳者】 日高敏隆 (ひだか・としたか)
1930年生まれ。京都大学名誉教授。2009年歿。

日高敏隆の作品

ツイートする