生を肯定する いのちの弁別にあらがうために

  • 青土社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791767236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 対談とかインタビューとかを本にできる人々は自己評価が高い。傲慢であるとも感じる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。東京大学大学院理学系研究科・科学史科学基礎論博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター教授。科学史、生命倫理学専攻。
著書『死は共鳴する―脳死・臓器移植の深みへ』(頸草書房) 『生権力の歴史―脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって』(青土社)ほか。

「2018年 『「自己決定権」という罠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小松美彦の作品

ツイートする