庭園のコスモロジー 描かれたイメージと記憶

著者 :
  • 青土社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791767601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 青土社の紹介→エデンの園からモネの庭まで。門、囲い、水・泉、迷宮、洞窟、庭師、花・樹木・果実などを手がかりに、美術作品を通しての庭園に堆積した意味の地層を掘り起こす。(K) http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791767601

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:702.3//Ko12

  • 「花と果実の美術館 名画の中の植物」(八坂書房)に続いて、面白そう。。。

    青土社のPR
    「エデンの園からモネの庭まで。庭園論にして西欧文明論。 聖書の失楽園以来、庭園は人びとにとって尽きせぬ憧れの対象としてあり続けた。 天上の楽園としての天国の表象や、ギリシア・ローマの神話の園、貴族たちのルネサンス庭園から世俗化した市民の庭(オランダ市民階級やモネの庭)まで、門、囲い、水・泉、迷宮、洞窟、庭師、花・樹木・果実などを手がかりに、美術作品を通じ古今の庭園を逍遥、庭園について考察する。」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。目白大学社会学部メディア表現学科教授。専門は17世紀オランダ美術史。ユトレヒト大学美術史研究所留学、慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。『フェルメール論』(八坂書房)および『フェルメールの世界』(NHKブックス)の2著で第10回吉田秀和賞。『庭園のコスモロジー』(青土社)など著作多数。

「2018年 『フェルメール 作品と生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林頼子の作品

ツイートする
×