渇きの考古学―水をめぐる人類のものがたり

制作 : <監訳>赤澤 威  森 夏樹 
  • 青土社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791767946

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014-6-21

  • 国家が水をめぐる戦争を起こすことはまれだが、帯水層へのアクセスやダムの影響に関連した紛争は、中東(イスラエル、パレスチナ、シリア、ヨルダン)やナイル盆地(エジプト、エチオピア、スーダン)で国家間の緊張の原因となってきた。

    5章途中まで

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:517.2//Mi61

  • 古代文明を歩いて水と水工学から紹介し、最終章で21世紀の水利用の行く末を考察する。行ったことのあるもの3つが説得力があったから、残りもそれなりによいのだろうと考える。最後の考察はちょっと甘めかな。

  • 「水の管理めぐる文明史たどる」評者:関雄二=国立民族学博物館教授(日経新聞) 
    http://www.nikkei.com/article/DGXDZO73843420V00C14A7MZC001/

    青土社のPR
    http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791767946

全5件中 1 - 5件を表示

スティーヴン・ミズンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
ロレッタ ナポリ...
マッシモ リヴィ...
クロード・レヴィ...
ジャレド・ダイア...
スティーブン・ピ...
スティーヴン ワ...
スティーブン・ピ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする