• Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791768325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「What is your favorite deep, elegant, or beautiful explanation?」、この問いに対する149名の知の先進者たちの見解が載せられている。論じられる分野は生物学や物理学、化学、宇宙論、心理学、アート、コンピュータ、一般法則と多岐に渡る。ダーウィンの進化論や熱力学の第二法則、相対性理論と同列にムーアの法則があったりと、知のトップランナーたちの多様な視点が面白い。特に興味深かったのは「鳩の巣原理」を挙げてる者が2名居たことである。m(鳩)>n(電線)なら必ずm/nが1超となる原理であるが、こうした至って当たり前の事実が、実は深遠でエレガントに人類の根を支えていることに気付かされる。

    多少(稀に極めて)難解な内容もあるが、概ねひとり4ページ程度で読みやすく、我々一般人が命題→回答→理由と答えがちな質問を、こうもあの手この手で回答するのかという天才・秀才たちの捻くれ具合も味わえて楽しい本であった。

  • 「世界を説明する深く、美しく、エレガントな理論とは?」という問いに149人が答える。
    最も多くの人が、あげているのは、アインシュタインの相対性理論でも、量子力学でもなく、「エレガントな宇宙」を記述する超ひも理論でもない。

    それは、ダーウィンの進化論である!

    生物学者だけでなく、物理系の人や人文系の人まで含めて、多分、その答えが一番多いかな?
    それは、多分、現実を説明する能力が高いだけでなく、一種の思考フレームだからなんだろうな。

    そういう意味では、理論そのものというより、そのパラダイムというか、パラダイムのもう一つ手前の前提みたいな話しが多い。

    たとえば、オッカムの剃刀、つまり同じことを説明するなら、単純な説明のほうが優れている、みたいな。それも、それが素晴らしいということにとどまらず、なぜ私たちはよりシンプルな説明のほうが、正しいとするのか?みたいな投げかけがあったり、そもそも、この世界がなんらかの法則で説明できるとどうして思うのか、みたいな話しですね。

    あと、なぜ私たちは、美しいと思うのか、「美」という概念の進化的な由来とかも、考え始めると不思議ですね。

    本の最後は、人間を作っている物質は、昔、星が爆発してできた物質(水素やヘリウムではなくてもっと複雑な原子)が宇宙をただよって、惑星をつくったものからできている、という説明でおわる。

    「われらは星屑」

    ふーん、これは、多分、ジョニ・ミッチェルの「ウッドストック」の歌詞から来ているね。

  • 手のひらにボールを載せて、水平方向に2回展させることができる!!

著者プロフィール

【著者】 リチャード・ドーキンス (Richard Dawkins)
1941年ナイロビ生まれ。オックスフォード大学時代は、ノーベル賞を受賞した動物行動学者ニコ・ティンバーゲンに師事。その後、カリフォルニア大学バークレー校を経て、オックスフォード大学で講師を務めた。

1976年刊行の処女作『利己的な遺伝子』は世界的ベストセラーとなり、世界にその名を轟かせた。この本は、それ以前の30年間に進行していた、いわば「集団遺伝学と動物行動学の結婚」による学問成果を、数式を使わずにドーキンス流に提示したもので、それまでの生命観を180度転換した。

その後の社会生物学論争や進化論争においては、常に中心的な位置から刺激的かつ先導的な発言をしており、欧米で最も人気の高い生物学者の一人となる。

積極的な無神論者としても知られており、2006年に刊行した『神は妄想である』も全世界に衝撃を与え、大ベストセラーとなった。

王立協会は2017年に、一般投票による「英国史上最も影響力のある科学書」の第1位として『利己的な遺伝子』が選ばれたことを発表した。

「2018年 『利己的な遺伝子 40周年記念版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・ドーキンスの作品

ツイートする