科学者には世界がこう見える

著者 :
  • 青土社
2.89
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791768349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書名と内容の落差たるや…切れる文才は感じたが、旧い時代の人の典型だった。スノビズム、選民主義、エリート呪縛。いまの科学のものの見方はそんな立場からではないんじゃないかな…

  • 世の中に起こっている事象を科学者目線で読み解いている本かと思って手に取ったが、「科学者目線」ではなく「科学者である著者の佐藤さん目線」で語られている本だった。

    冒頭に出てくる湯川秀樹先生のエピソードは面白かった。日本での国際会議のスタイルが、湯川先生が戦後初めて誘致した国際集会(国際理論物理学会)に端を発しているとは。
    基礎物理学研究所の創設、戦後初の国際集会の誘致、物理学の研究を宇宙や生物の研究にも広げる、欧文学術雑誌の創刊・・・。湯川博士の偉大さが、研究のみではなかったことがうかがい知れる。

  • 一流の科学者は文才も在るのだと感心した.最後の方のp253に出てくる”四つの科学”というダイアグラムが良い.純粋科学、科学技術、ワールドビュー、社会インフラの四つだ.p78のフェルミ問題の議論も面白かった.この様な発想が入学試験で取り入れられたら、今の秀才たちはどうなるのかな.

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:404//Sa85

  • 請求記号: 404/Sat
    資料 I D : 50079516
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • 目の前をタクシーが通り過ぎた。A君もB君もタクシーに乗りたい。今タクシーが通った道でまたタクシーをひろおうとするA君と、道路の反対側に渡った方がよいというB君。どちらも理論的に動いているといえるが、どちらかが間違っているわけではない。小さな科学はどこにでもある。そんなことに気付けます。(教育学部:社会専修)

  • 物理学者の著者が雑誌に掲載したエッセイなどをまとめたもの。
    初学者にも分かりやすく、学者らしい真面目さとウィットにとみ、良い読後感でしたですね

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1938年、山形県生まれ。1960年京都大学理学部卒業。京都大学教授を経て、現在同大学名誉教授。専攻は一般相対論、宇宙物理学。トミマツ・サトウ解の発見など多くの業績をあげた。著書に『アインシュタインの反乱と量子コンピュータ』(京都大学学術出版会)、『孤独になったアインシュタイン』(岩波書店)、『量子力学は世界を記述できるか』(青土社)など。

「2017年 『佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤文隆の作品

科学者には世界がこう見えるを本棚に登録しているひと

ツイートする