生命科学の欲望と倫理 -科学と社会の関係を問い直す-

著者 :
  • 青土社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791768424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年3月新着

  • 請求記号 460/N 99

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 461.15@N100@1
    Book ID : 80100011250

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002453389&CON_LNG=JPN&

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年横浜生まれ。東京大学文学部卒。同大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。専門は生命倫理、科学論、法政策学。三菱化学生命科学研究所主任研究員、自治医科大学客員研究員、生命倫理政策研究会共同代表などを経て、現在、東京財団研究員(非常勤)。著書に『脳死・臓器移植と日本社会』(弘文堂)、『先端医療のルール』(講談社現代新書)、『生命の研究はどこまで自由か』『精神を切る手術』(以上、岩波書店)、『生命科学の欲望と倫理』(青土社)、『移植医療』(岩波新書、出河雅彦氏と共著)などがある。

「2016年 『これからの死に方 葬送はどこまで自由か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橳島次郎の作品

ツイートする