スタシス -政治的パラダイムとしての内戦-

制作 : 高桑和巳 
  • 青土社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791769216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784791769216

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ジョルジョ・アガンベン(Giorgio Agamben)
1942年生まれ。美学者・哲学者。パリ国際哲学コレージュ、マチェラータ大学、ヴェローナ大学、ヴェネツィア建築大学などで教え、現在はズヴィッツェラ・イタリアーナ大学メンドリジオ建築アカデミーで教鞭をとる。
主な著書に、《ホモ・サケル》シリーズとして、I『ホモ・サケル』(1995年、邦訳:以文社)、II-1『例外状態』(2003年、邦訳:未來社)、II-2『スタシス』(2015年、邦訳:青土社)、II-3『言語活動の秘蹟』(2008年)、II-4『王国と栄光』(2007年、邦訳:青土社)、II-5『神の業』(2012年)、III『アウシュヴィッツの残りのもの』(1998年、邦訳:月曜社)、IV-1『いと高き貧しさ』(2011年、邦訳:みすず書房)、IV-2『身体の使用』(2014年、邦訳:みすず書房)。近著として、『哲学とはなにか』(2016年、邦訳:みすず書房)がある。

スタシス -政治的パラダイムとしての内戦-のその他の作品

スタシス -政治的パラダイムとしての内戦 Kindle版 スタシス -政治的パラダイムとしての内戦 ジョルジョ・アガンベン

ジョルジョ・アガンベンの作品

ツイートする