私はこうして世界を理解できるようになった

  • 青土社
3.22
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791772179

作品紹介・あらすじ

もうひとつのFACTFULNESS
ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領が大絶賛し、全世界で50万部のベストセラーとなった『Factfulness』(日経BP、2019年)。TEDスピーチで独特のテンションで統計学を語り人気を博していたロスリングが末期ガンと診断され余命宣告を受けて書いたのが、その『Factfulness』と本書の二冊である。『Factfulness』では我々が知らず知らずのうちに陥っているバイアスの罠から解放され、世界を正しく見るための方法が書かれていたが、本書では著者の生涯を描きながら、自身がどのようにしてバイアスの罠から解放され、世界を正しく見ることができるようになったかが書かれている。医師から研究者へ、そして世界の進歩を信じ、啓蒙し続ける人気の統計学者へと転身した波乱万丈の人生が感動的に描かれている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なぜロスリング教授が
    バイアスのかかった見方を乗り越え
    データーに基づいた正しいものの見方を
    重要視したのか
    その根本的な理由は はやり経験から
    きていたということが分かります

  • ファクトフルネスがどのように、どんな流れでできあがっていたのかがわかる自伝。データを正しく集める、そして分析する。

  • 何がきっかけで人生が変わるか分からない。それが自身の身に起こった著者。正しいと思う事を突き詰めそれを伝える術を考え、実践する事で新たな出逢いと職を得、世界が彼を欲していく。小気味良い。もっと売れて欲しいなぁ。

  • 東2法経図・6F開架:KW/2019//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ハンス・ロスリングは、医師、グローバルヘルスの教授、そして教育者としても著名である。世界保健機構やユニセフのアドバイザーを務め、スウェーデンで国境なき医師団を立ち上げたほか、ギャップマインダー財団を設立した。ハンスのTEDトークは延べ3500万回以上も再生されており、タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。2017年に他界したが、人生最後の年は本書の執筆に捧げた。

「2019年 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンス・ロスリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
劉 慈欣
リンダ グラット...
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印

私はこうして世界を理解できるようになったを本棚に登録しているひと

ツイートする
×