新・近代立憲主義を読み直す

著者 :
  • 成文堂
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792304485

作品紹介・あらすじ

ホッブズからヘーゲルまで、国制理論の新・解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本公法学会唯一のハイエキアンを自認する阪本昌成教授が,スコットランド啓蒙思想(主にヒューム~A・スミス~ハイエク)と古典的自由主義(阪本教授の理解では新自由主義と同義)を基本とする立場から立憲主義の形成過程とその内容を説き,ロック~ルソーヘーゲル(~マルクス)と連なる合理主義啓蒙思想と,これに基づく日本憲法学における通説的な立憲主義を批判する。

    通説的な「自然(権・法)」「社会契約」「市民(公民)」「立憲主義」といった基本的な術語の意味を批判的に検討しており,大変に刺激的。

    ただし,阪本教授曰く,A・スミスに関する部分が未だ満足いかないとのこと。
    続編に期待。

全2件中 1 - 2件を表示

阪本昌成の作品

新・近代立憲主義を読み直すを本棚に登録しているひと

ツイートする