「ポスト真実」にどう向き合うか (「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2017)

  • 成文堂
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792333690

作品紹介・あらすじ

「忖度」「反知性主義」「フェイクニュース」…言葉の裏側に潜む現実が照射する現代日本の断面図!

著者プロフィール

1947年生まれ. 専攻,中世哲学・文明論. 現在, 早稲田大学商学学術院教授.国際クザーヌス協会学術顧問. 京都大学博士(文学), 中世からルネサンス・近代への転換期を生きた哲学者・神学者クザーヌスの研究を中心として, 近代の根にあるものに光を投げ, 大きな曲がり角に立つ現代の根源的な問題性を明るみ出そうとする. 著書,『クザーヌスの世界像』(創文社,2001),『境界に立つクザーヌス』(共編,知泉書館,2002), “Nicholas of Cusa, A Medieval Thinker for the Modern Age”(編著, Curzon Press, 2002), 『「今を伝える」ということ』(編著, 成文堂, 2015),『日本のジャーナリズムはどう生きているか』(編著, 成文堂, 2016)ほか. 翻訳書, ニコラウス・クザーヌス『可能現実存在』(共訳, 国文社, 1987), クザーヌス『神を観ることについて 他二篇』(岩波文庫, 2001), L.ハーゲマン『キリスト教とイスラーム 対話への歩み』(共訳, 知泉書館, 2003)ほか.

「2017年 『クザーヌス 生きている中世』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八巻和彦の作品

「ポスト真実」にどう向き合うか (「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2017)を本棚に登録しているひと

ツイートする