近世の東海道

著者 :
  • 清文堂出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792410186

著者プロフィール

1942年 大阪市に生まれる 1967年 大阪大学文学部卒業 1973年 静岡大学人文学部講師 1989年 大阪大学文学博士学位取得 2008年 放送大学静岡学習センター所長 現在 静岡大学名誉教授 ※2019年4月現在
【主要編著書】『近世初期社会の基礎構造』(吉川弘文館、1989年) 『大谷探検隊と本多恵隆』(平凡社、1994年) 『初期徳川氏の農村支配』(吉川弘文館、2006年)『近世東海地域史研究』(清文堂、2008年)、、『定本徳川家康』(吉川弘文館、2010年)、『徳川家康と関ヶ原の戦い』(人をあるく、吉川弘文館、2013年)、『近世の東海道』(清文堂、2014年)

「2019年 『徳川家康と武田氏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本多隆成の作品

近世の東海道を本棚に登録しているひと

ツイートする
×