ピクルス街異聞

著者 :
  • 青林堂
4.75
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792601812

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在入手困難らしい(2008年11月時点)、佐々木マキの傑作短編集。

  • 今では村上春樹の挿絵や絵本で知られる佐々木マキの、漫画家時代おそらく唯一の本。イエローサブマリンみたいな世界がマンガで展開されています。超ナンセンス。実験的すぎるコマ割り。当時これを見た人たちの衝撃は如何ほどかと。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

佐々木マキ1946年、神戸市生まれ。マンガ家、イラストレーター、絵本作家。絵本に『やっぱりおおかみ』『くったのんだわらった』『まじょのかんづめ』『おばけがぞろぞろ』『くりんくりんごーごー』『まちには いろんな かおがいて』『はぐ』『へろへろおじさん』(以上福音館書店)、「ぶたのたね」シリーズ、「ムッシュ・ムニエル」シリーズ、『変なお茶会』『いとしのロベルタ』『ぼくがとぶ』(以上絵本館)、「ねむいねむいねずみ」シリーズ(PHP研究所)、童話の挿絵に『ナスレディンのはなし』『黒いお姫さま』(以上福音館書店)、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』(以上亜紀書房)、マンガ作品集に『うみべのまち 佐々木マキのマンガ 1967-81』(太田出版)、エッセイに『ノー・シューズ』(亜紀書房)、画集に『佐々木マキ見本帖』(メディアリンクスジャパン)などがある。京都市在住。

「2018年 『グドーさんのおさんぽびより』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木マキの作品

ツイートする