静かなる日本戦区 (SEIRINDO BOOKS)

著者 :
  • 青林堂
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792604738

作品紹介・あらすじ

日本人が知らない中国の思惑を徹底暴露!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目をそむけてはいけない日本国防の現実。
    報道されない事実や、いつの間にかそうなっていたという気づきもしなかったゆゆしき事実に関する記述があり、大変参考になる。
    日本国民は各々、メディアや発言力のある人などに惑わされず自分で情報収集を行い分析し、自分の頭でしっかり考えて、自分や自国民の命・財産・権利を守ってゆく覚悟をしなければいけない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

元警視庁刑事通訳捜査官。外国人犯罪防犯講師昭和42年生まれ。宮城県出身。昭和61年警視庁に奉職。巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。警視庁本部では主に中国人犯罪に関わる北京語通訳捜査官を務め、中国人犯罪の捜査活動に多く従事。平成15年、勤続18年で警視庁を退職。退職後は作家として執筆、保守論壇に加わっての講演活動を展開し、わかりやすくお伝えすることを信条にテレビ・ラジオなどにも出演。防犯講師、地方県警部外司法通訳としても、日本の危機と中国の脅威、中国人犯罪の実態を訴える活動を継続中。趣味は骨董鑑賞。『静かなる日本戦区』(青林堂)、『中国が世界に知られたくない不都合な真実』(青春出版)、『日本が中国の「自治区」になる』(産経新聞出版)、『いつまでも中国人に騙される日本人』(ベスト新書)、『日本は中国人の国になる』(徳間書店)

「2014年 『怖ろしすぎる中国に優しすぎる日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂東忠信の作品

静かなる日本戦区 (SEIRINDO BOOKS)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする