政(まつりごと)の哲学 (SEIRINDO BOOKS)

  • 青林堂 (2014年5月24日発売)
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792604950

作品紹介・あらすじ

第二次安倍内閣・内閣官房参与である藤井聡が政治とは何かを改めて問う!

政(まつりごと)の哲学 (SEIRINDO BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 政治は哲学ルーツ。
    非常に難解な話を対話形式にすることですんな頭に入ってくる時点で良書。
    ニヒリズムにおちいったり、愚集政治となったりする世界で、身近なことから考えることができるかと問いかける。
    昨今のグローバリズムの問題点の指摘も。

  • 危機を乗り越えるための必読書。政治哲学のたしなみは必要ですね。

  • 同い年だからか?とにかく共感してしまう藤井節。真面目に考えると重たくて、口先だけで文句を言うばかりの国政、哲学の視点から考えると腑に落ちる本来のあるべき姿。上手く語っていると思います。

全3件中 1 - 3件を表示

藤井聡の作品

政(まつりごと)の哲学 (SEIRINDO BOOKS)はこんな本です

ツイートする