余命三年時事日記2

  • 青林堂
4.25
  • (7)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792605490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2の意味が希薄な気がする。

    手を変え品を変え日本から何かを掠め取ろうと暗躍する勢力の実態を書いた本です。

    在日韓国人が乗っ取りを企んているって書くと妄想のようですが、尖閣や竹島を見れば笑い話じゃないのは分かるはず。

    内容は良いのですが、1との差というか、発展した何かを感じなかったのが少し残念。

    お人好しの日本人は読んでおくべき本だと思います。

    因みにこの本が図書館にあったのが結構驚き。

  • 2とあるが実質先行本のおまけである。

    元ブログには複数の書き手がいたせいなのか、一つの文章に「である体」と「ですます体」が混在している個所が目立ち、ちょっと読みにくい、というか書籍でこのレベルはどうかと思う。
    まあ元ブログの狙いが「普通の日本国民が、在日と南鮮ヒトモドキの正体に気づくこと」なので、文章力はさしたる問題ではないのだが。

    それにしても自民は公明と手を切れず、参院選でも民進は消滅していない。
    都知事選に至っては半日サヨクの鳥越が当選しそうな惨状である。

    日本再生への道のりは遠い。

  • 選挙前にぜひ!とオススメされて読んだけれど、やっぱり投票は消去法なのか…(--;)せっかく投票権があるのに、「ぜひこの人に!」とか「この政党に!」と思えないのが空しい(´・ω・`)

全3件中 1 - 3件を表示

余命三年時事日記2のその他の作品

余命三年時事日記2 (青林堂ビジュアル) Kindle版 余命三年時事日記2 (青林堂ビジュアル) 余命プロジェクトチーム

余命プロジェクトチームの作品

ツイートする