黄色い目の魚 (集団読書テキスト (第2期B113))

著者 :
  • 全国学校図書館協議会
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (37ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784793381133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鎌倉などを舞台とした作品です。

  • 朝読書の時に読みました。
    読後感は実に爽やか。
    主人公の感情の揺れ動きが思春期の子そのもので可愛かった。
    中学生の国語のテストに出そうな感じ?そんな話だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年東京都生まれ。1989年に「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞してデビュー。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞を受賞。『一瞬の風になれ』で吉川英治文学新人賞、『聖夜』で小学館児童出版文化賞、『明るい夜に出かけて』で山本周五郎賞を受賞。そのほかの作品に『しゃべれども しゃべれども』『神様のくれた指』『黄色い目の魚』『第二音楽室』などがある。

「2018年 『シロガラス5 青い目のふたご 5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤多佳子の作品

黄色い目の魚 (集団読書テキスト (第2期B113))を本棚に登録しているひと

ツイートする