マザー・グースのうた 第1集 おとこのこってなんでできてる おんなのこってなんでできてる

制作 : 谷川 俊太郎  堀内 誠一 
  • 草思社
3.78
  • (23)
  • (16)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 171
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794200372

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 挿絵がかわいいです!!

  • 谷川俊太郎さん訳ということで読んだ。ほっこり。

  • "おとこのこって、なんでできてる?
    おんなのこって、なんでできてる?"



    資料ID:W0055596
    請求記号:D933||Ma 99||1
    配架場所:2F童話架

  • 内容が深い、それに暗く悲しい。子供向けというより、大人向きと思うんだけど…

  • “おとこのこって なんでできてる?
    おとこのこって なんでできてる?
    かえるに かたつむりに こいぬのしっぽ
    そんなもんでできてるよ

    おんなのこって なんでできてる?
    おんなのこって なんでできてる?
    おさとうと スパイスと すてきななにもかも
    そんなもんでできてるよ”[P.6]

    谷川俊太郎訳。
    色んな作品にパロディ的に出てるよね。
    読むのは初めて。

    「えっさか ほいさ」
    「ばらはあかい」
    「おとこのこって なんでできてる?」
    「なきむしくん」
    「ミルクよ バターに なっとくれ」
    「バンベリーの まちかどへ」
    「にわのことりが いしにとまって」
    「わんわんほえるの いぬですね」
    「うつくしいのは げつようびのこども」
    「フェルせんせい ぼくはあなたがきらいです」
    「ねぼすけくん ぐずぐずくん」
    「ラベンダーはあおい ランラララン」
    「ソロモン・グランディ」
    「くつのおうちの おばあさん」
    「じめじめじとじと とあるあさ」
    「ひねくれおとこがおりまして」
    「なんにももたない ばあさんがいて」
    「メリーはこひつじかっていた」
    「ポリー やかんをのっけてよ」
    「トウィードルダムとトウィードルディー」
    「ロンドンばしが おっこちる」
    「ウェールズうまれのタフィー どろぼうタフィー」
    「三びきのこねこ てぶくろなくして」
    「どんぶらこっこ どんぶらこ」
    「ハバードおばさん」
    「ハンプティ・ダンプティ へいにすわった」
    「これはジャックのたてた いえ」
    「きたかぜぴゅうぴゅう ふいてます」
    「くものまわりを まわろうよ」
    「ぼくがつきをみると」

    “ソロモン・グランディ
    げつようにうまれて
    かようにせんれい
    すいようにけっこんして
    もくようにびょうき
    きんようにきとく
    どようにしんで
    にちようにはかのなか
    はいそれまでよ
    ソロモン・グランディ”[P.20]

  • どれもリズムがいいしかわいくて読みやすい
    全集はげしく集めてみたい

    中でもソロモン・グランディすきです

  • イギリスのわらべうた、マザーグース。谷川さんの「読んで楽しいし、分かるもの」を目指した訳が素晴らしく、自然と声に出したくなります。堀内さんの絵が美しく可愛らしく時々怖くて魅力的。「メリーはこひつじかっていた」「ロンドンばしが おっこちる」「ハンプティ・ダンプティ へいにすわった」などを収録。言葉の心地よさや絵の魅力が子どもたちの深いところに刻まれるのではないかな、と思いました。傍において眺めたり歌ったりしたい一冊。

  • ずっと気になってたマザーグース。言葉のテンポがよくて読んでて楽しかったです

  • 読んでみようと思って読んではいなかったので、呼んでみて感動しました。
    こういう詩は好きです。
    ハバードおばさんが一番好きかな

  • 1集から3集までハードケースに入っていて、4集と5集が後から追加発売された。

全25件中 1 - 10件を表示
ツイートする