大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争〈下巻〉

制作 : 鈴木 主税 
  • 草思社
3.44
  • (2)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794203243

作品紹介・あらすじ

米ソは衰退へ向かうのか?日本はこの先さらに興隆するのか?21世紀へのトレンドを読む。21世紀の見取図。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かれこれ20数年前、学生時代に読みたいと思った大著をようやく読みました。

    1500年から2000年までの欧米、日本、中国の歴史を概観。大国の興亡は、独自の力ではなく、その時その時の周辺国とのパワーバランスで決まる、という、言われてみれば当たり前とも思える事象を、詳細な統計で説明するあたりが圧巻。

    堅い本ですが、まあ、読んでみる価値はありました。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    米ソは衰退へ向かうのか?日本はこの先さらに興隆するのか?21世紀へのトレンドを読む。21世紀の見取図。


    From Publishers Weekly
    ”Kennedy, a history professor at Yale, here assesses the interaction between economics and strategy over the past five centuries,” reported PW , concluding that ”the book is a vigorous entry in the debate over the extent to which national wealth should be used for military purposes.” Copyright 1988 Reed Business Information, Inc.
    --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

    目次
    第2部 産業革命の時代の戦略と経済(二極世界の到来と「中級大国」の危機(2)1919~1942年)
    第3部 現在から未来への戦略と経済(二極世界の安定と変動1943~1980年
    21世紀に向かって)

全3件中 1 - 3件を表示

大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争〈下巻〉のその他の作品

ポール・ケネディの作品

大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争〈下巻〉を本棚に登録しているひと

ツイートする