人は成熟するにつれて若くなる

制作 : フォルカー ミヒェルス  Hermann Hesse  Volker Michels  岡田 朝雄 
  • 草思社
3.45
  • (4)
  • (8)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794206015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 半世紀を生きてきて、「老い」というものを考えるようになった。
    ヘッセの淡々とした語りが、「老い」というものに対する、恐怖心みたいなのを和らげてくれるような気がするけれど、もう少し年齢を重ねてから読むと、もっと深く味わえるのではないかと思う。

  • 「郷愁」「車輪の下」などを著し、モーツアルトのピアノソナタが好きだったといわれるヘルマン・ヘッセ(1877.7.2~1962.8.9 享年85)の「人は成熟するにつれて若くなる」を読みました。老年をテーマにするこの本は、ヘッセが43歳からの随筆と詩が、編者フォルカー・ミフェルスによってまとめられています。表紙は、1954年、ヘッセ76~77歳のときの写真「手紙を読むヘッセ」です。1995.4.5発行。訳者:岡田朝雄。

  • このタイトルが内容にあっているかどうかは不明だが、老境に差し掛かったヘッセが老いとは何かってことを書いた詩やエッセイや小説の一部などをまとめた1冊。
    若いっていうのは、肉体的なことでは勿論なくて、精神的なものだ。だが、精神的な若さというのは何か、というのはそれはそれで解釈が難しいものだ。当然、稚拙さを持って若いといのではない。新鮮さとか素朴さとかそんな意味であろうか。成熟するからこそ世の中の事象をあるがままに受け入れることができる、とか。
    しかし、湯治場で他の老人がヨロヨロ歩くのをみて「自分はまだまだ大丈夫だ」と気分良くなったりするなど、結構お茶目であり、またそんな本音の部分がさらっと出せるのもある意味の若さかもしれない。

  • ヘッセの感性に学ぶ。 感性がさびなければ人は成熟し、老年ならではの幸せを知ることができる。 素敵な写真もいっぱいです。

  • ヘッセの短編集、水の流れのように・・・

  • 詩がすばらしい

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877~1962年。ドイツ、バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。

「2019年 『文庫 愛することができる人は幸せだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセの作品

人は成熟するにつれて若くなるを本棚に登録しているひと

ツイートする