オーケストラ楽器別人間学

著者 :
  • 草思社
3.59
  • (3)
  • (11)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794206930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり吹奏楽とオケは違うなぁ…
    想像してたほど面白くなかった。

    診断がトランペットになったのは良かった♪

  • おもしろい。
    彼自身、日本の代表的なオーボエ奏者として活躍中である。

    集団音楽経験者ならわかるであろうが
    確かにpartごとに色が違う。
    巻末にyes/no式で自分のpartタイプがわかるようになっている。

    必ずしもこうというわけではないので☆は4つにした。

  • 楽器やってる人とか、「のだめ」にはまった人は読むべし。適正診断は、自分が実際にやっている楽器になったので感動。楽器についてのオケでの役割や、機能など結構詳しい事も書いてあるので、オケについての知識もかなり増えます。いろいろと興味深い一冊。

  • 笑い死ぬかと思った。電車の中で読んでヒドイ目にあったの・・・。

  • 763.04/Mo

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。シュトゥットガルト・フィルを経て一九九〇年よりNHK交響楽団首席オーボエ奏者。九六年から指揮活動も開始。自ら企画も担当し、ときにはスクリーンに画像を投影しながら、さまざまな名曲を解説しつつ演奏するスタイルで全国的に活躍。「のだめカンタービレ」のクラシック監修やコンサートの企画・指揮でも知られる。指揮を岩城宏之、外山雄三、広上淳一、三河正典の各氏に師事。著書に『オーケストラ楽器別人間学』『くわしっく名曲ガイド』『音大進学・就職塾』『読んで楽しむ のだめカンタービレの音楽会』などがある。

「2018年 『オーケストラ楽器別人間学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オーケストラ楽器別人間学のその他の作品

茂木大輔の作品

ツイートする