日本の犬は幸せか

著者 :
  • 草思社
3.27
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794207180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10年以上も前に書かれた本だが、犬を取り巻く環境は現在にも通じる部分があるだろう。筋立てて進行するわけではなく、著者が感じたことや主張したい事実などが述べられている。アン・ルスさんというイギリス人女性がいたことに深く静かに感動した。

  • 読みやすい文体。イギリスの犬事情にも触れられている。

  • 初版は1997年。今から十年以上前のものなので、少々古い感はあります。ただし、犬先進国イギリスに比べ、日本の犬事情はずいぶん遅れています。日本の犬が幸せだと言い切れるまでにはまだまだ時間がかかりそう。特に年間何十万という犬が殺処分される現実は犬を飼おうとする人は心して受け止めねばなりません。犬ばかりではなく、猫も同様。

    2010/1/31 読了

  • ペットブームの裏側を知ることが出来る本。
    動物愛護法についても考えさせられる。

全4件中 1 - 4件を表示

富沢勝の作品

ツイートする