クォークとジャガー―たゆみなく進化する複雑系

制作 : Murray Gell‐Mann  野本 陽代 
  • 草思社
3.61
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794207746

作品紹介・あらすじ

サンタフェ研究所による複雑系研究の成果を、その中心にいる著者みずからが披露。世界を複雑系としてとらえることで、知の行きづまりの打開をはかり、複雑な現実の世界を理解しようと試みた、知的刺激に富む書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 還元主義から複雑適応系への転換によっていかなる新しい科学が生まれるかを展望した書。
    ‘97年版中古書。

  • 五章まで

  • 『ブッダの夢』で中沢新一さんが紹介されていた。
    著者はクウォークを発見したノーベル物理学者。

    アーサー・シーという中国系アメリカ人の詩に触発されて書いたもの。

  • 複雑系の説明について、初心者にもわかりやすく技法から人間/社会への応用まで。最後の方が特におもしろかった。
    思考過程や創造的思考について、対立するイデオロギーの共生への展望などの提言がとくに興味を引いた。民族主義から地球全体思考へ、それは科学や合理的思考の広まりとともに広がるかもしれない。ただ単一なグローバル化ではなく、各民族/イデオロギーが寛容をベースに少し色を薄めた形で共存する事が可能なのかもしれない。

    課題
    イデオロギー共存の方法と、学問の全体像把握のメタ化手法について
    知識の学習から決定の学習へ

  • 読んだ気がする。
    わすれた。

  • amato-study.comに書評あり。
    ワールドロップの「複雑系」と併せて、アマトのお勧め本です。

全6件中 1 - 6件を表示

クォークとジャガー―たゆみなく進化する複雑系はこんな本です

クォークとジャガー―たゆみなく進化する複雑系を本棚に登録しているひと

ツイートする