脳が心を生みだすとき (サイエンス・マスターズ)

制作 : Susan A. Greenfield  新井 康允 
  • 草思社
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794208750

作品紹介・あらすじ

140億以上の神経細胞が集まる脳は、色も手触りも異なるさまざまな領域から構成された、不可解な組織である。ほかの組織の10倍ものエネルギーを消費して、脳はいったい何をしているのか。化学物質と電気信号の複雑で巧妙なやりとりのどこから心は、意識は、記憶は生みだされるのか。臓器としての脳の姿から受精卵から脳が発生する驚くべきしくみ、薬物や脳内ホルモンが及ぼす影響まで、謎に包まれた脳内メカニズムの内奥をさぐる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 200円購入2012-07-14

  • 20101201
    サイエンスマスターズシリーズ
    脳神経の科学から、意識とは何ぞやとの本。
    もうちょっと突っ込んでほしかった。

  • 未読

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1988年、女性としてはじめて英国立研究所所長に就任。同研究所は200年以上にわたり「生命の共通の目的の為に科学を普及」している。2000年1月、一般市民の科学の理解への貢献を認められ、上級勲爵士(CBE)を授与される。

「2005年 『体内の神秘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スーザン・グリーンフィールドの作品

ツイートする