京の大工棟梁と七人の職人衆

著者 :
  • 草思社
3.50
  • (3)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794208965

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数寄屋大工、左官、表具師、錺師(かざりし)、石工、畳師、簾師、庭師の、8人の職人について、彼等の仕事への思いや辿ってきた人生などが綴られています。
    本人の語り口調で書かれているので、読みやすい。


    仕事の工程、材料について等、詳しく書かれてあり興味深いです。
    現在では使われていない言葉や専門用語が出てきますが、一つ一つ調べながら読む楽しさがあります。

    仕事への果てしないこだわりと共に、ものを作る苦しさが伝わってくる。
    何をするにも、その準備が一番楽しいとは言いえて妙だと思った。
    ジャンルを問わず「もの作り」に携わってる人、もしくは携わりたいと思っている人は感ずるものがある筈。

  • 1291夜

  • NDC:525.5

  • 525.54/KA72/2792
    home

全4件中 1 - 4件を表示

笠井一子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする