孤独な帝国 日本の1920年代―ポール・クローデル外交書簡1921‐27

制作 : Paul Claudel  奈良 道子 
  • 草思社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794208989

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仏外交官が叙述する戦間期(1920年代)日本。フランスは、中国利権が少なく(英露と異質)、仮想敵国ではなく(米露と異質)、また、日本の軍事的・政治的模範でもない(独と異質)。しかも、直接的な利害対立・共通の利害もない。この意味でフランスはまさに遠くて遠い国であった。本書は彼らから見た日本を、時系列で叙述する。日本はもちろん、フランスの立場からは尚更、日仏の友好関係の構築を強める意義・必要性は見出しにくい。本書の年代よりも30年代の同種書籍の方が、批判的・客観的な目で日本の様子が見れ、興味深いかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

ポール・クローデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
アーネスト ゲル...
シーナ・アイエン...
ジョセフ・E・ス...
ポール・ポースト
有効な右矢印 無効な右矢印

孤独な帝国 日本の1920年代―ポール・クローデル外交書簡1921‐27はこんな本です

ツイートする