警察はなぜ堕落したのか

著者 :
  • 草思社
2.89
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794209894

作品紹介・あらすじ

桶川ストーカー事件から栃木のリンチ殺人事件まで、相次ぐ警察の失態によって、何人もの死者が出てしまった。いずれも、警察の怠慢、住民の訴えへの無関心が原因だ。「キャリアの経歴にキズをつけてはいけない」という恐るべき独善的な論理、現場感覚を無視した官僚主義など、元警察庁巡査部長が事件の背後にある堕落の構造を解明する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 様々な事件における捜査の失態と警察官がいかにして教育されているのかという本。
    日常を守ることよりも、縄張りだったり既得権益だったりを守ろうとするのは人間の性なのだろうか。

  • 栃木のリンチ殺人から桶川ストーカー殺人まで、住民の訴えを無視して起きた凶悪事件を検証し、警察の堕落と怠慢の構造を解明する。

全3件中 1 - 3件を表示

黒木昭雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
米澤 穂信
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする