銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

制作 : 倉骨 彰 
  • 草思社
4.03
  • (381)
  • (326)
  • (276)
  • (25)
  • (8)
本棚登録 : 3357
レビュー : 343
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794210050

作品紹介・あらすじ

なぜ人間は五つの大陸で異なる発展をとげたのか?人類史の壮大なミステリーに挑んだ話題の書!ピュリッツァー賞、コスモス国際賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゼロ年代の最重要歴史書。

    西洋人がニューギニア人を征服し、ピサロがインカを征服したのに、なぜその逆は起こらなかったのか、について地理的な要因から考察した本。この本の新しさは、人間の技術的な進展の背景にある条件について語られているところにあると思う。作者が語る要因は、そのどれもが非常に納得できるもので、「世界史」という構築が難しくなった分野を新しく生まれ変わらせることにも繋がった。

    小説を書いている身としては、ファンタジー小説の世界観を作る場合、この本を読んでいるときと読んでいないときとでは、天と地ほどの開きが出てくると思う。普段何気なく生きている世界にも条件があって、その条件下で栄枯盛衰があるのだと気付く。面白いエピソードも満載だし、単純に読み物としても面白い。

  • 民族のかかわり合いの成果である人類社会を形成したのは、征服と疫病と殺戮の歴史である。p21

    10万年前から5万年前=「大躍進の時代」p55

    ピサロが皇帝アタワルパを捕虜にできた要因こそ、まさにヨーロッパ人が新世界を植民地化できた直接の要因である。
    ピサロを成功に導いた直接の要因は、銃器・鉄製の武器、そして騎馬などにもとづく軍事技術、ユーラシアの風土病・伝染病に対する免疫、ヨーロッパの航海技術、ヨーロッパ国家の集権的な政治機構、そして文字を持っていたことである。p120

    植物栽培と家畜飼育の開始は、より多くの食料が手に入ることをいみした。そしてそれは、人口が稠密化することを意味した。植物栽培と家畜飼育の結果として生まれる余剰食料の存在、また地域によってはそれを運べる動物の存在が、定住者的で、集権的であり、社会的に階層化された複雑な経済的構造を有する技術革新的な社会の誕生の前提条件だったのである。したがって、栽培できる植物や飼育できる家畜を手に入れることができたことが、帝国という政治形態がユーラシア大陸で最初に出現したことの根本的な要因である。また、読み書きの能力や鉄器の製造技術がユーラシア大陸で最初に発達したことの根本的な要因である。p132

    【一歩の差がおおきな差へ】
    食料生産を独自に始めた地域は世界にほんの数カ所しかない。それらの地域においても、同じ時代に食料生産がはじまったわけではない。
    食料生産は、それを独自にに開始した地域を中核として、そこから近隣の狩猟採集民のあいだに広まっていった。その過程で、中核となる地域からやってきた農耕民に近隣の狩猟採集民が侵略され、一掃されてしまうこともあった。この過程もまた多くの時代にわたって起こったことである。最期に、環境には非常に適しているのに、先史時代に農耕を発展させたり実践したりすることがなかった地域が世界には複数存在する。そうした地域の人々は、他の地域の人たちより一歩先に銃器や鉄鋼製造の技術を発達させ、各種疫病に対する免疫を発達させる過程へと歩み出したのであり、この一歩の差が、持てるものと持たざるものを誕生させ、そのあとの歴史における両者間の絶えざる衝突につながっているのである。p148

    人為的な淘汰によって新しい品種が生み出される原理は、われわれが種の起源と自然淘汰の関係を理解しようとするうえで、もっともわかりやすいひとつのモデルを提供している。p191

    肥沃三日月地帯で食料生産が早期にはじまるのに好都合だったもう一つの点は、「狩猟採集生活」対「農耕生活」という生活様式の競合が、地中海西西部や他の地域に比べて少なかったことであろう。p209

    栄養面でみると、サンプウィードはタンパク質分32%、油分45%と特に優れていて、栄養学者の夢ともいえる作物である。
    しかし、サンプウィードは、花粉症の原因として悪名高いブタクサの親戚で、ブタクサと同じように群生状態で花粉を撒き散らし、花粉症の原因ともなりうる風媒花である。人によっては、悪臭ともとれる強烈な臭いもあり、触れると肌がかぶれる場合もある。
    p224

    より生産性の高い植物、より有用な植物を栽培化し、より多様な作物を作り出すことで、肥沃三日月地帯は集約的な食料生産システムを発展させ、地域の人口密度をより早期に増加させている。その結果、肥沃三日月地帯の人々は、ニューギニアや合衆国東部の人々に比べて、歴史上より早い時期に、より発展した科学技術、より複雑な社会構造、そして、他民族に感染しやすい伝染病に対する免疫力を発達させたのである。p226

    「由緒ある14種」のうち、世界各地に広がり、地球規模で重要になった家畜は牛、羊、山羊、豚、馬の「メジャーな5種」である。p236

    【大型草食動物が家畜化されなかった6つの理由】
    ①餌の問題
    ②成長速度の問題
    ③繁殖上の問題
    ④気性の問題
    ⑤パニックになりやすい性格の問題
    ⑥序列性のある集団を形成しない問題
    ※家畜化されるためにはこれらの条件すべてをクリアする必要がある p251~

    プリエンプティブ・ドメスティケーション(栽培化・家畜化の先取り):野生の動植物の家畜化・栽培化によって得られる利益よりも、すでに家畜化・栽培化されている動植物を利用したほうが利益が大きいことが理解され、家畜化や栽培化が独自に進行しない現象
    p267

    アメリカ大陸やアフリカ大陸が南北に長い陸地であるのに対し、ユーラシア大陸が東西に長い大陸であることの差異が文字、冶金術、科学技術、帝国といったものの発展速度と大いに関係している。
    そして人類の歴史の運命は、このちがいを軸に展開していったのである。p286

    究極的には、農作物や食料生産技術の伝播速度が大陸によって異なっていたことが、なぜ民族によって手にした権力と富の程度が異なるのかという問いかけの答えになる。
    しかし、そうなってしまった直接の要因は、農作物や食料生産技術の伝播速度のちがいではない。農耕民が何一つ有利なものを持たずに、丸腰で狩猟採集民に対して一対一の戦いを挑んでも、勝てるわけがないからである。
    農耕民を狩猟採集民より有利な立場にたたせた条件のひとつは、食料を生産することによって、狩猟採集民よりも人口の稠密な集団を形成できたからである。
    さらに農耕民は、狩猟採集民よりも優れた武器や防具を持っていた。より進歩した技術を持っていた。様々な病原菌に対する免疫を持っていた。集権的な集団を形成し、文字を読み書きできるエリートたちが征服戦争を指揮することもできた。p288-289

    戦史は、偉大な将軍を褒め称えているが、過去の戦争で勝利したのは、かならずしももっとも優れた将軍や武器を持った側ではなかった。過去の戦争において勝利できたのは、たちの悪い病原菌に対して免疫を持っていて、免疫のない相手側にその病気を移すことができた側である。p291

    1346年から52年にかけて流行した黒死病(腺ペスト)では、当時のヨーロッパの全人口の4分の1が失われ、死亡率70%という都市もあった。p298-299

    エイズは1959年に最初の患者が確認されている。p302

    ユーラシア大陸から運ばれてきた病原菌で命を落としたアメリカ先住民は、ヨーロッパ人の銃や剣の犠牲者となって戦場で命を失った者よりはるかに多かった。p310

    ユーラシア大陸を起源とする病原菌は、世界各地で、先住民の人口を大幅に減少させた。太平洋諸島の先住民、オーストラリアのアボリジニ、南アフリカのコイサン族など。p316

    【ミニ結論】
    非ヨーロッパ人を征服したヨーロッパ人が、より優れた武器を持っていたことは事実である。より進歩した技術や、より発達した政治機構を持っていたことも間違いない。しかし、このことだけでは、少数のヨーロッパ人が、圧倒的な数の先住民が暮らしていた南北アメリカ大陸やその他の地域に進出していき、彼らにとってかわった事実は説明できない。そのような結果になったのは、ヨーロッパ人が、家畜との長い親交から免疫を持つようになった病原菌を、とんでもない贈り物として、進出地域の先住民に渡したからだったのである。p317

  • 「銃・病原菌・鉄(上)」ジャレド・ダイアモンド著・倉骨彰訳、草思社、2000.10.02
    317p ¥1,995 C0022 (2018.09.25読了)(2017.05.24購入)(2009.05.28/14刷)
    副題「一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎」

    【目次】
    日本語版への序文 東アジア・太平洋域から見た人類史
    プロローグ ニューギニア人ヤリの問いかけるもの
    第1部 勝者と敗者をめぐる謎
    第1章 一万三〇〇〇年前のスタートライン
    第2章 平和の民と戦う民との分かれ道
    第3章 スペイン人とインカ帝国の激突
    第2部 食料生産にまつわる謎
    第4章 食料生産と征服戦争
    第5章 持てるものと持たざるものの歴史
    第6章 農耕を始めた人と始めなかった人
    第7章 毒のないアーモンドのつくり方
    第8章 リンゴのせいか、インディアンのせいか
    第9章 なぜシマウマは家畜にならなかったのか
    第10章 大地の広がる方向と住民の運命
    第3部 銃・病原菌・鉄の謎
    第11章 家畜がくれた死の贈り物

    ☆関連図書(既読)
    「ネアンデルタール人類のなぞ」奈良貴史著、岩波ジュニア新書、2003.10.21
    「ハワイ・南太平洋の謎」秋道智彌著、光文社文庫、1989.07.20
    「インディアスの破壊についての簡潔な報告」ラス・カサス著・染田秀藤訳、岩波文庫、1976.06.25
    「インカ帝国探検記」増田義郎著、中公文庫、1975.09.10

    (「MARC」データベースより)amazon
    なぜ人間は五つの大陸で異なる発展をとげたのか? この壮大な謎を、1万3000年前からの人類史をたどりつつ、分子生物学や進化生物学、考古学などの最新研究結果をもとに解明。ピュリッツァー賞、コスモス国際賞受賞作。

  • 今年読んだ中ではナンバー1。
    かなりくどいけど、中身は素晴らしい。

  • 教科書からの通り一遍の知識しかなかった私にとっては、目から鱗が落ちる経験だった
    征服って言うのかな、これって
    9割以上の先住民を殺してしまって

  • 友人に薦められて購入。
    本書は、カルフォルニア大学の生物学者が、世界史の壮大な謎に挑んだもの。

    銃や病原菌、鉄をはじめとする技術、政治力や経済力の向上をもたらす技術を、ある民族は他の民族より先に発展させたし、ある民族はまったく発展させることがありませんでした。
    このような民族間の違いがなぜ生まれるのか。
    これを解き明かすことが本書の主旨です。

    多くの人は、能力の違いがこのような違いを生むのではないかと思うかもしれません。
    しかし、本書で著者はこう言っています。
    「歴史は、異なる人びとによって異なる経路をたどったが、それは、人びとのおかれた環境の差異によるものであって、人びとの生物学的な差異によるものではない。」

    つまり、環境の差異によって、狩猟採集生活から食料生産生活へと移行するタイミングが異なるのです。

    そして、このタイミングが早いということが、技術、政治、経済の向上が早いということにつながると言います。

    現在のヨーロッパにあたる、肥沃三日月地帯で最初に食料の生産技術が登場しました。

    北米やサハラ以南のアフリカ大陸に比べてユーラシア大陸が最も早く登場したのです。
    これには、アメリカ大陸やアフリカ大陸が南北に長い陸地であるのに対し、ユーラシア大陸が東西に長い大陸であることに原因があります。

    つまり、大陸が縦に長いと、緯度によって気候が大きく変わるため、必ずしも隣国から伝わった種子が、伝わった先の国でも同様に育つ訳ではありません。

    しかし、東西に長いユーラシア大陸は隣国で大きく気候が異なるということはありません。

    だから、食料生産生活が広く普及するのも早かった。

    これが原因で、民族間の文明発展の差が生まれるのです。

    とても納得させられました。
    本書を読んで、これまで考えもしていないくらい壮大な人類発展の歴史が、なんとなくですが、大きくストーリーで理解することができました。

    ただ、まだ上巻。
    下巻もあるそうなので、気合いを入れて下巻に突入します。
    (結構重い  笑)

  • 面白かったです。世界史の勉強もここまで掘り下げて教えてくれたら、もっと好きになれたかもしれないと思います。内容は125ページの表にコンパクトにまとまってます。
    以下備忘録。

    現代社会の不均衡を生んだ各大陸間の格差➡紀元前1万5,000年〜西暦1500年の発展の違いの差

    植物の品種改良➡農耕生活➡人口増加➡非農民の出現、軍人、役人、職人

    家畜できる動物の有無
    家畜➡伝染病

  • 人類史、とひとことで括れない壮大な内容。
    この感動を伝えたいのに、言葉足らずで伝えられないのがもどかしい・・・

  • ある人にススメめられて、堅そうな内容だなぁとか思いながら読んだら、すっごく興味深くて楽しかった!上巻では、人類史を人類の大陸移動経路や食料という観点から説明しています。
    私は特に農耕と狩猟について書いてあるところが好き。日本史だと、縄文=狩猟で、弥生=稲作(農耕)なので、弥生時代の方が進んでいてスゴい、という説明になりがち。けれど、世界には狩猟→農耕→やっぱ狩猟と戻った民族もいて、農耕が全世界を通じて優れているわけではないということに目からウロコ。

  • 今まで全然気にしていなかった、「どのようにして農業は起こったのか」等、言われてみれば不思議、その通りだなという内容満載。
    勉強になります。
    下巻を読むのが楽しみです。

  • 今現在、この世界では富が偏在していることは明らかである。
    なぜヨーロッパ(ユーラシア大陸)で文明が発展し、その他の地域を植民地にすることができたのか。
    その理由として各地域に住んでいる人の生まれ持った能力の差ではなく、その住んでいる地域の環境的要因が大きいと著者は主張する。
    つまりユーラシア大陸が世界で最も発展した(18、19世紀において)理由として
    ①食用として栽培可能な植物、家畜化可能な動物が多かった。
    ②東西に長い大陸のため、それらが家畜化栽培化されたものが伝播しやすかった。(他の大陸では南北に長く環境の変化が大きかった)
    ③上の二つの理由により人口が他の地域に比べて多くなり、家畜から人への病原菌が生まれる。そしてそれらに対する抗体を手に入れる事ができた。

  • 推薦理由:
    科学技術や生活の豊かさ、文明の進歩の度合いが国や民族によって異なるのはなぜなのか。
    氷河期の終わりから現代までの1万3千年の人類史を、分子生物学、進化生物学、生物地理学、言語学、考古学、文化人類学などの広範囲な研究結果から考察することによって、人類社会の歴史が異なる場所で異なる発展をとげてきた謎を解き明かしていく。1998年度ピュリッツァー賞、コスモス国際賞受賞作、また、朝日新聞社ゼロ年代の50冊ランキングでも1位となり、多くの大学で学生たちへの推薦書として取り上げられているという。

    内容の紹介、感想など
    現代の世界では、ユーラシア大陸系の民族やユーラシア大陸から北アメリカへの移民の子孫たちが世界の富と権力のほとんどを独占し、豊かな暮らしをしている。アメリカ先住民やオーストラリアのアボリジニ、アフリカの人々などは、なぜ文明に立ち遅れたのだろうか。欧米の白人や我々日本人が好んで考えがちな、「先進国の人々は、文明が進んでいない民族より生物学的に優れた人種だから」という答えは、しかしその証明に成功した研究者は未だいない。著者は、この人種差別的な考えを真っ向から否定し、進化生物学や地理学などの様々な分野からのアプローチで、「異なる民族がたどった歴史の多様性は、民族のおかれた環境の差異によるものであり、人々の生物学的な差異によるものではない」と結論付ける。
    ヨーロッパ人がアメリカ大陸やオーストラリアの先住民を征服して入植し、ユーラシア大陸や新大陸で豊かな文明を築いたのは、先住民が持っていなかった「銃・病原菌・鉄の武器」を持っていたからである。特に、ユーラシア大陸から運ばれてきた病原菌は家畜由来のものであり、免疫が無い先住民の人口を入植先の世界各地で激減させたという。病原菌で命を落とした先住民は、ヨーロッパ人の銃や剣の犠牲になった者よりはるかに多かったとは驚きだ。
    では、「銃・病原菌・鉄」を持つ民族と持たない民族の差異は何なのか。著者は、それこそ人々が置かれた環境の差異であるとして、約700万年前にアフリカで誕生し、異なる時期に異なる大陸へと住み始めた人類がどのような歴史をたどったかを様々な面から詳しく述べながら、環境の差異が文明の発展や伝播にどのように影響したのかを検証していく。
    環境の差異として、家畜化や栽培化が可能な動植物の分布状況や、それらを入手すれば稠密な大規模集団が形成され、技術面、政治面、軍事面での有利につながる事、また、農作物、家畜、技術、言語などの伝播の容易さ(ユーラシア大陸などの東西には伝播しやすいが、アメリカ大陸やアフリカなどの南北に伝播するのは難しい)などの様々な考察に目を見張る思いで読み進めてしまう。上下巻で読みごたえがあるが、是非薦めたい作品である。

  • 大作。人類史の謎ってほどじゃないかもしれないが
    そのロジックに感銘

  • 現代社会の不均衡、富と権力の格差の究極的な原因は、自然環境にある。

    これだけ聞くとよくある環境決定論のように思うが、人類誕生から眺めやる巨視的な視点、多岐に渡る学問の知見を集約する学際性、膨大な事例とデータの紹介によって論を展開する本書は、凡百の主張とは説得力が違う。

    何より読者の好奇心をくすぐる問いかけの仕掛けが見事で、まるでミステリー小説のようにあっという間に読ませてしまう点もこの本の魅力。

    感想詳細→http://takatakataka1210.blog71.fc2.com/blog-entry-28.html#more

  • ビジネス書では学べない自社の競争優位が欲しい
    POINT
    競争力は、人種の優劣ではなく、環境が左右する
    自分にあって、競争相手にない“銃・病原菌・鉄”うぃ探す
    いくら環境に恵まれても、大きな判断ミスは致命的

  • ツイッターで勧められたので購入。ゲーム「シヴィライゼーション」を思い出さずにはいられない。科学的な手段で調査して書かれた比較?人類学の本。人類が文字などで残そうとした歴史以外にも、あらゆる調査手法を使うと、残す気のなかった歴史っていうのも見えてくるものなんだな、と思った。

  • あまりの読みやすさに、逆に不安を感じて放置してしまっていた本。改めて読み直してみると大人気が示すように非常に面白い本。

    論考はすべて詳細にわたっていて、その分冗長に感じる人もいるかもしれないけれど、読み終わった後にまた資料としても楽しめるという意味で何度でも楽しめそう。

    尚、125ページの図は本書全体での主張をまとめた図としてわかりやすい。

  • 訳の都合なのか、原文がそうなのか、とても回りくどい言い方をしている場合がある。内容はためになる。

  • より正確を帰そうとして、さまざまな事例を詳しく挙げて説明しようとする筆者の意図はわからないでもないが、読み物としては、時にそれが煩わしく感じられる部分もある。
    インカ帝国がスペインに征服されるシーンなど、まるで映画を見ているような部分もあるのだが、全体的に学術論文を読んでいるような印象で、優れた知見に思わずアンダーラインを引きたくなるようなところは、残念ながらあまりなかった。もちろん、読み手の短慮も手伝ってのことである。

  • e・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

  • 図書館でたまたま目に入ったので読んだ。新大陸はユーラシアに比べて文化の発展が遅れたのは大陸が南北に長かったからというのはなるほどと思った。そしてミシシッピ文化というものが完全にノーマークだったので、ちょっと興味を持った。

  • 2018/12/25 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1151.html
     

    2012/10/9
    面白いよと薦められて、読み始めた。
    おぼろに今まで持っていた疑問が、この本でくっきり浮かび上がり、答えが見えてくるかも。
    冒頭に、著者がこの本は、西欧よりも日本人などに、より興味深い内容だろうというようなことが書かれていた。
    今回は、途中で時間切れ、もう一度読みます! 

    2012/11/9 家族に文庫本を借りて読んでいます。
    Amazonに詳しい内容紹介が書かれているので、あまり付け加えることもなさそうだが、
    Wikipediaの 解説が的を得てわかりやすい。

  • 思索
    サイエンス

  • 現在の、人類の貧富の差がどこから来たのかを、人類の登場にまで遡って分析している本。スケールの雄大さと、その着眼点の新しさは、特筆もの。特に、病原菌が先住民族絶滅に以下に役に立ったかは、おどろくばかりであり、その病原菌の元が、野生の動物の家畜かだという事実を示されるにあたると、感服という以外にない。

    以下注目点
    ・インカ、アステカ帝国を倒したのは、侵略者の持ち込んだ、天然痘の流行。
    ・野生のアーモンドには青酸カリが含まれている。
    ・羊は、序列があるので、人間が最上位に立つことで家畜化できた。

  • 西洋人(ユーラシア人)がアメリカ・アフリカ・オーストラリアを支配できた理由。横に広がるユーラシア大陸が決定的な役割を果たした。農業は紀元前8500年ごろに肥沃三角地帯(メソポタミア)で起こり、東西に伝播していった。南北への伝播は起こらなかった。家畜も同地帯から始まった。伝染病は家畜を飼ったことと、食糧生産増大による人口集積増大がもたらした。長年の家畜の飼育により、免疫力を高めることができた。アメリカ・オーストラリアの原住民は、免疫力がなかったため、人口が激減した。アメリカではユーラシア大陸ほど、農業も家畜の飼育も盛んではなかった。

    2011.07.02 読書開始
    2011.07.04 読了
    2017.09.09 Dainさんの書評より
    2017.12.20 品川読書会で話題にする
    2018.03.14 品川読書会で紹介を受ける。

  • 原先生からいただいた。

    wired・科学・第2位

    五つの大陸で異なる発展をとげた人類が、それぞれの道を歩むにいたった要因を、分子生物学から言語学までを駆使して探求し、壮大な人類史として織り上げた労作。

    ※全体で4位

    ◆ユーザーからのコメント
    「科学的思考法」でピックアップする是非は別として/こういう俯瞰した本は視野を深めてくれると思う/この本を読んで、世界の見え方が変わりました♪/ 面白かった。複合的な事象を統合的に考える手法に感嘆/人間の人間としての「進化」は地理的環境要因が選択した。進化生物学的アプローチで人類史を/上下冊と分厚いのが難だけど、一気に読める。面白い/これはおすすめ。大学生は読むべし/ドーキンスと迷ったが、こっち/さまざまな学術を用いて、環境という条件が進化を決めることを明かす/歴史は面白い!と思える本です

  • なぜ侵略された側と侵略した側は反対にならなかったのか。地理、風土、集団生活における病原菌の繁殖などから人類の発展の仕方を解説する。

  • 銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

  • いつか読んでみたいと思っていた著名な書物を遂に手に取る。同じ種である人類が何故異なる地域で異なる発達度合いとなったかを考察。著者は問いへの答えに人種間の優劣や偉人の功績は使わない。そうすると、当然地理的要因以外の説明要素としてはないのだが。

  • 現在の富の偏りはなぜ?という疑問が氷解。人種的なものは関係無いんだと説得力ある論証。アフリカはもともと黒人だけが多く住む大陸ではなかったことも驚き。

全343件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎のその他の作品

ジャレド・ダイアモンドの作品

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎に関連する談話室の質問

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎を本棚に登録しているひと

ツイートする