深い呼吸でからだが変わる―龍村式呼吸法のすすめ

著者 :
  • 草思社
3.31
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794210821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 食事も大切だと思っていたが、食べることは何日か食べなくても生きていけるが、何分か呼吸をとめたら生きていけなくなるので、「呼吸」が生きていく上で一番大切だと思った。
    これまでは、ただ漫然とウォーキングをしていたが、今日からこの本に載っていた呼吸法・歩き方を意識してウォーキングを始めてみたので、これからどう自分の体が変化していくか楽しみだ。

  • 呼吸本~内容もわかりやすいと思います。すべて実践できるわけではないですが興味深い内容もあります。呼吸法に興味がある方は一読してみてはどうでしょうか!?


    ブックオフで購入♪

  • 長息と長生きは深い関係にある。
    食事の噛む役割
    ①食物をこなごなにして唾液と混ぜ合わせより消化しやすい状態にする。
    ②舌や口腔内の感覚細胞から神経細胞を介して、胃腸での消化吸収に必要な、
    適量の消火液や酵素類を自動的に分泌させる情報を脳に送る。
    ③摂取した食物を消化・吸収・中和・排泄するのに十分な酸素を得るため、
    呼吸を深める。
    温冷交互浴の習慣をつけると皮膚呼吸が盛んになり風邪をひきにくくなる。
    乾布摩擦もよい。
    浅い呼吸の原因
    自律神経失調、ストレス
    呼吸関連筋肉群の凝り
    背骨のゆがみ
    胃などの内臓やろっ骨の下垂
    内臓の腫れ
    便秘
    呼吸器の病気

    イザというときは肛門をしめて深呼吸するとよい
    冷静になれる

    呼吸とは字の通り、吐くことが先。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1948年、兵庫県生まれ。早稲田大学在学中にヨガと出会い、卒業の翌年に求道ヨガの世界的権威・沖正弘導師に入門。内弟子として国内外でヨガの指導を行う。1985年の導師没後は沖ヨガ修道場長に就任、さらに1994年には独立。ホリスティック・ヘルスの指導者を養成している。ヨガ・気功など東洋の英知を活用し、生命の声、母なる地球の声が聞こえる心身づくりを提唱している。現在は龍村ヨガ研究所所長、NPO法人沖ヨガ協会理事長、NPO法人日本YOGA連盟副理事長などをつとめる。

龍村修の作品

ツイートする