殿様と私

著者 : 榊原喜佐子
  • 草思社 (2001年11月1日発売)
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794211088

殿様と私の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和22年、太宰治の「斜陽」が発表され、斜陽族という流行語が生まれたとか。華族の没落を描いた作品です。当時、華族は五百家ほどだったと。榊原喜佐子氏の「殿様と私」、2001.11発行です。「徳川慶喜家の子ども部屋」では、幼時の思い出と戦前の華族の生活が描かれてました。本作は著者の後半生、昭和15年、19歳で越後の榊原家第16代当主に嫁してからの半生(結婚、夫の出征、出産、敗戦、そして戦後)を回想したものです。沢山の写真が添付されていて、内容の理解に大いに役立っています。榊原家は徳川四天王の一つだったそうです

全2件中 1 - 2件を表示

榊原喜佐子の作品

ツイートする