通信崩壊―IT革命と規制緩和の結末

著者 :
  • 草思社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794211811

作品紹介・あらすじ

「構造改革」で通信業界は死滅する!大量の失業者と莫大な赤字を生む構造を創り出したのは誰なのか?構造改革を語るうえで必読の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  構造改革、NTT解体による通信業界の疲弊しきった現状を上げる。2002年著であるが、更に5年後には業界の崩壊が起こると予言する。国際競争が進み業界の自由化を推し進めることで、消費者は便利になる分、安定を失うとある。あわせて料金は最終的に無料になる。2012年、現在あちこちに無線LAN無料スポットが現れ、とんでもない時代に突入した感あり。昨日、ファミレスでスマホでウエブアクセスが自由にできたのには驚いた。セキュリティPWなど不要なのである。今後は電話業界の人余りで、人員整理がより一層すすむことだろう。

  • 反小泉、反竹中の書物。

    アメリカの横暴については理解できるが、今の日本に、アメリカの要望をきっぱり断れるほどの軍事力・政治力・情報力・外交力といった国家を守る為の力はあるのだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1952年、北海道生まれ。科学ジャーナリスト。著書に。『通信崩壊』『NTTを殺したのは誰だ!』『幻の水素社会』など。

「2017年 『タケミカヅチの正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井耕一郎の作品

ツイートする