あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック

制作 : Ron Clark  亀井 よし子 
  • 草思社
3.60
  • (24)
  • (32)
  • (66)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 362
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794213204

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供だけでなく大人にも言える大切なこと。教育の大切さと(小)学校の先生の大変さは万国共通であると感じた。

  • "子どもも大人も大切にしなければならない社会生活をおくる上でのルール集。
    学校の先生の間では読まれている本なのかもしれません。子を持つ親も一読をお勧めします。"

  • たしかに、あたりまえのルールではある。しかし、これを1から50まで彼の学級で1年間守り通させたとして、果たして子どもたちの「本当の力」として身につくのだろうか。無言で食事させるなど様々な罰や連帯責任が取り上げられているが、僕にはただ単に型にはめて生徒に必要以上の権力を誇示しているようにしか読み取れず、「この先生に歯向かうと大変なことになる」という理由で生徒が罰を回避する行動に出ているとしか思えない。クッキーなど褒美を与えるという教育も間違いなく生徒側の思惑は「褒美をもらう」のが第一なんだろうなと感じた。
    彼の教え子のその後を知りたい。大人になってもこれらが役立っているのか。率先してこのルールを守っている(守っていた)動機が、果たしてきちんとルールを理解できているものなのか。怒られたくない、大人の目を気にするという理由ならば、きっと本当の力として身についていない。自分が教わる教師がこれを持ち出したら確実に反抗する自信がある。

  • 図書館で借りて読み。
    「みんなのためのルールブック」の方が好みかも。わかりやすくて。アメリカならでは、の内容もあったりする。

    ・人の名前をしっかりおぼえよう(p134)
    ・だれかとぶつかったらあやまろう(p145)
    ・まちがいを受け入れよう(p189)
    あたりが心に残った。

  • <閲覧スタッフより>
    「人として」大事なこと、生きていく上でとても基本的な礼儀が書かれています。頭ではわかっているけど、改めて読むことではっと気づかされ、心に響く1冊。子どもだけでなく大人にもおすすめです。
    --------------------------------------
    所在記号:375.2||KAY
    資料番号:20075240
    --------------------------------------

  • 図書館でレンタル。
    購入を検討中。

  • THE ESSENTIAL 55:
    An Award-Winning Educator's Rules for Discovering the Successful Student in Every Child -
    http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1320.html

  • 小学校の先生と親に役立つ本!!

  • 久しぶりに? 教育系の本を読んだ。(図書館で惹かれて)
    チョコクッキーのご褒美などの「飴とムチ」作戦など、日本の実情にあわないところもあったけれど、勉強になることも『50のルール』のなかにたくさんあった。

    例えば、「質問されたことは答えた後に、同じことを質問仕返す。それが相手(自分がこども、相手が大人でも)への礼儀」というのはすごく感心した。
    息子が聞かれたことには答えているけれど、という場面を見ていたので。
    また、男女関係にも言えるかも。
    自分のことばかり話すのではなくて、相手への関心を示すって大事なことだと思う。

  • ルール50「きみのなれるもっともすばらしい人間になれ。」が特によかった。「全米で最も優秀な教師」として表彰された著者だが、緊張もすれば失敗もする。輝かしい成功エピソードには驚くばかりだったが、失敗談もあって親しみがわいた。中でも「保護者とのつきあい方」のエピソードがおもしろく、なるほどと思った。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノース・カロライナ州出身。大学を卒業後、各地を冒険旅行したのち、1995年から小学校教師となる。学習や行動に問題をかかえる生徒の多い学校、なかでもハーレムの底辺校から優秀児を輩出し、目覚ましい成果をあげる。2001年、28歳のときに、ディズニー社主催「全米最優秀教師賞」を受賞。現在はアトランタに住み、各地で講演活動等もおこなっている。2003年に出版した『あたりまえだけど、とても大切なこと』は、100万部を超え、世界的なベストセラーとなっている。

「2016年 『ムーブ ユア バス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロン・クラークの作品

あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブックを本棚に登録しているひと

ツイートする