うるさい人を黙らせるひとこと会話術

著者 :
  • 草思社
2.57
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794213587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 反論術なのかと思ったら、題名とは違い、殆どがヨイショトーク術。世間の人が本当にこのような言葉を発してるとは思えないのだが、人付き合いもないし世の中の事はよくわからないので、自分がオカシイだけなのかもしれない。僅かに使えそうなフレーズはあったので、読んだ甲斐はあった。
    ありのままに生きるのか?テクニックを使って生きるのか?それは生き方の問題であって、その結果を自分で引き受けられるのであればどちらがよいのか正解はないのだろうな。

  • 内容は薄い。現実的に役立つかはわからない。
    参考になるのは以下。
    ・上司へのアピールとして「後の仕事はやっておきます」
    ・上司の意見に反対したいとき、「こんな反対意見が考えられます」
    「○○のときはどうするのでしょうか」

  • 【10/17】著者は論作文指導の大家。日常の「ちょっとした言葉」の持つ効用と常に向き合っている彼が「人の心を動かす言葉のテクニックをまとめた」一冊。上司、部下、取引先・顧客、恋人、友達、家族…それぞれの場面で効果的なひとことを紹介している。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

作文・小論文専門指導「白藍塾」塾長。「小論文の神様」と呼ばれ、全国受験生から圧倒的な支持を得ている。子ども向けの作文ドリル『書く力をつける 低学年用』(学研プラス)など、数々のベストセラー参考書で有名な作文・小論文指導の第一人者。

樋口裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする