外交官の仕事

著者 :
  • 草思社
3.37
  • (3)
  • (5)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794214539

作品紹介・あらすじ

最近、外務省や外交官を批判する本が相次いで出版された。しかし、これらの本にあるように日本の外交官や外務省はそれほどだめなのか。これは文人外交官として在任中長編小説まで上梓した著者が、退官後、外交官としての拘束を解かれて、自由に外交官とはどういうものか、どんな仕事をしている人たちなのかその実態を描き、外交の機微を論じた本である。それは研修から大使館の日常、交渉の仕方、諜報、国家戦略にまで及ぶ。国民が外交官と外交の実態を知るためのもっともよくできた本であることは間違いない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外交官の仕事がかなり多岐にわたり、忙しく気の抜けない仕事だということがよくわかった。
    あまり外交官に関する本は多くないので初めて知ることが多かった。

    情報を鵜呑みにするのではなく多角的に判断すること。
    これは読者(外交官ではない一般人)にも求められていることかなと思った。

    完膚なきまでに相手を叩きのめす勝利は外交上ダメ。

    「困ったときの文化頼み」という言葉がぐさり。最近、日本の文化すげーって番組が増えているのが悲しくなってきた。

    この本を借りて読んでいる間(2015年2月3日)に近年の情勢、新しい交流ツール(twitter)などについて加筆された「新・外交官の仕事」が出ていたのでそちらも読んでみようと思う。

  • 4〜5

  • タイトルは固いけどとても面白かった!外交官の仕事内容から今後の日本外交に向けての提言までの話ですが、その裏の人間的エピソード(入省時の合宿で悪さばっかりしてたとか)もあるのが読みやすさの一因だと思います。ODAの話とか交渉術についても書かれているので、外交官志望以外にもおすすめ。

  • 前半は外交官についての内容やなるためのことが書かれていておもしろい。後半は日本の外交についてが多い。外交官にはやっぱりコミュ力が必要そう。受かってから研修。
    海外への大学院にいけるとこが魅力的。

  • 「外交とは何かがわかる初めての本」その帯のキャッチ・コピーに違わない充実した内容。一人の外交官が歩み、見てきた世界を追体験しながら学べるのは、さすが「小説家」が為せる技である。

  • 魅力的な仕事だなー、やってみようかなー、ってところまで来てしまった。さてどうしたものか。

  • 10月、学校の図書館。
    外交官の仕事に興味があったので。まさにぴったりな本(タイトルとかタイトルとか)役人の苦労を思い知らされました。というか、外交という仕事がこの本の通りだとしたら、努力してもできない人はできないと思う。人間の感情や思惑に聡い人でなければ。外交官なんてなるもんじゃねぇな、というのが率直な感想ですが、なんだろう、なるもんじゃないと思いつつも惹かれてしまう部分が確かにあります。なんだろな。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

元外交官、評論家

「2018年 『よくわかる大使館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河東哲夫の作品

ツイートする