文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

  • 草思社
3.93
  • (107)
  • (102)
  • (111)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 1130
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794214645

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『銃・病原菌・鉄』も面白かったですが、これも読み応えのある本。過去の歴史において、崩壊した文明と崩壊を免れた文明をそれぞれ取り上げ、その理由を検証しています。

    著者らしく、崩壊の大きな要因の一つとして環境破壊や気候変動、環境変化に対する社会の対応の成否などを挙げているほか、近隣の敵対集団の有無、友好的な集団との取引の変化などもポイントとして述べられています。崩壊の時期も場所も異なるイースター島や太平洋の島々、南米のマヤ文明、グリーンランドやアイスランドなどがこれらの要件のほとんどを満たしているという論の進め方はさすがだな、というところです。

    この上巻では、崩壊した文明の詳細な検証までで話が終わっています。下巻では崩壊しなかった文明と、現代において崩壊の危機にある文明について検証するようです。下巻の最後に著者がどのような論を提示してくるのかが楽しみなところです。

  • 入植から食糧調達のために環境破壊が進み、人口増加を支えられずに、やがて共同体は崩壊していく。これが文明崩壊の共通項だ。

  • イースター島の滅亡とモアイ像の関係。
    アメリカ モンタナ州
    グリーンランド アイスランド
    ヴァイキング 赤毛のエイリーク

    文明が崩壊する原因の法則。

    ・環境被害(資源の取りすぎ)
    ・気候変動
    ・外敵
    ・交易からの孤立
    ・問題への社会の対応

  • 過去の話とはいえ、動物のように人間が絶滅した居住地というのは、その実感をリアルに感じ取れるのだろうか・・

  • ジャレド・ダイアモンドの第2作目が積ん読になっていたので消費する。銃・鉄・病原菌で論じたように、文明の崩壊は単一の理由ではなく、複合的な問題であることを現代の科学を用いて解明していく。
    後半の、グリーンランドとアイスランドにおけるヴァイキング(後のノルウェー)の入植がどのような運命を辿ったのかについては知らなかったので面白かった。グリーンランドではエスキモーとノルウェー人が、お互いに近い土地に住んでいたにも関わらず、ほとんど交流がなかったという。ノルウェー人社会は、エスキモーの極地生活の知恵を借りることなく、西欧式のキリスト教社会の生活を頑なに維持しようと無理な食物生産を試みた結果、あるとき突然、消えていったという事実は興味深い。アイスランドでは人々は生き残ることが出来たが、実は現代の我々が知っている不毛な土地のアイスランドはかつては木々に覆われていた土地であった、というのは驚きであった。かつて栄えた文明の滅亡は、現代の我々にも警鐘を鳴らしてくれる。
    前半のポリネシアの島々における社会の滅亡、特にイースター島においては、大規模な森林伐採が社会の崩壊を招いたことは有名である。それ以外にも、多くの島々で海産物等の資源を使い尽くした結果、人々がいなくなったことが分かっている。また、マヤやネイティブアメリカンの人口減少や遺棄された遺跡の考察も興味深いものである。

  • 再読

  • いくつかの分野にまたがった知識が、歴史に名だたる文明の
    崩壊について紐解かれていく様は、読んでいて特別な本を
    読んでいる気持ちになれる。冒頭はモンタナの著者自身の
    境遇の話で、情緒もありつつ本題に入っていき、イースター島や、
    マヤ文明、北欧バイキングなどおなじみの文明が登場する。
    ただ、文明崩壊の大筋を言うと、どの文明も
    資源乱獲・旱魃→滅亡という決まった展開なので、
    話として退屈に感じる部分もある。
    そう言った点で同著者の本を読んだことない人ならば、
    重鉄病原菌の方を先に読むことをおすすめする。
    あちらの方が単純に読み進める楽しみが大きいと思う。
    値段も少し安いし。

  • 『銃・病原菌・鉄』に続く著作。前作とは逆にどのようにして文明が滅んでいったのか、そしてどうのように危機の回避ができるのかを、多様な地域の歴史と文化・交流と孤立度・環境の科学的な事実の裏づけをとりながら考察していく。前作を読んでいると理解しやすいと思う。
     そして現在、地球をひとつの環境としてとらえなければならない時代に突入している。歴史の教訓に学び未来を考えることの重要性を本当の意味で伝えている必読の書。

  • 気候などの条件のいい時に人口が増えて、条件が悪化した時には抱えきれないほどの人口になっているというところが最も心に残った。全部読むのはしんどいけれど、イースター島の章だけでも読む価値はあると思う。

  • (図書館本)グリーンランドとはどんな島なのだろう。メルカトル図法の地図の左上にあるあの大きな島。子供の時からの疑問が頭の片隅に残っており手に取った。wikiによると地下資源で中東に匹敵する程の原油が眠っているそうな。今後注目の島ですね。閑話休題。グリーンランドの章だけ読んだが赤毛のエイリークが入植してから策略で“緑の国”と命名し人々を誘き寄せたりした歴史と過酷な気候に左右され文明が崩壊していく原因を掘り下げていくのは興味深かった。

全84件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)地理学教授
1937年ボストン生まれ。ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めるが、やがてその研究領域は進化生物学、鳥類学、人類生態学へと発展していく。カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部生理学教授を経て、同校地理学教授。アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、コスモス賞、ピュリツァー賞、マッカーサー・フェロー、ブループラネット賞など受賞多数。

「2019年 『危機と人類(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

ツイートする