安藤昌益の世界―独創的思想はいかに生れたか

著者 :
  • 草思社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794216137

作品紹介・あらすじ

安藤昌益は現在では、中学・高校の歴史教科書のほとんどに取り上げられ、共通一次試験でも出題されるなど、名前だけはそれなりに知られるようになってきた。ただ、昌益その人やその説いたところは、いまでもほとんど知られていないに等しい。本書では、「知られざる思想家」安藤昌益の全体像を過不足なく、わかりやすく紹介している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本で最も偉大な思想家、安藤昌益の一生と思想をつづった一冊。天下・国家を支配している「聖人」を百万言を費やして批判し、万人直耕のユートピアを唱える安藤昌益の独創的思想は、現代にも通じるものがあると思う。また、儒教道徳の「五常」をまっこうから否定する思想も突飛でおもしろい。

全1件中 1 - 1件を表示

石渡博明の作品

安藤昌益の世界―独創的思想はいかに生れたかを本棚に登録しているひと

ツイートする