女海賊メアリ・リード 第2巻 水晶ドクロの秘密

制作 : 永田千奈 
  • 草思社
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794216892

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コルネイユとはぐれたメアリは、オランダ軍の一員となり戦闘へ。そこで兵士ニクラウスと出会い、愛し合うようになる。トビアスから盗んだ翡翠のペンダントが、財宝をみつける鍵の片方の「翡翠の目」だと知ったメアリ。宝探しに行きたいが、ニクラウスの子供を妊娠し結婚する。20ヶ月おとなしくしていれば、だったが2人目も作ってしまう。
    そしてエンマもまた、財宝を狙っていて、翡翠の目の片方を持っていた。
    自分のカラダを武器にしてほしいものを手に入れていくエンマ。愛するが故に苦しませるって、なんとも。

  • 4巻にまとめて書きます。

  • シリーズ2巻。
    ちょっと激しくなってきて、描写も酷なところが多くなってきた。
    母親になったり、幸せを手に入れたところで、
    これが敵か、という展開になった。
    どういう風に物語がすすむのか、やっぱり3巻も読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

ミレイユ・カルメルの作品

女海賊メアリ・リード 第2巻 水晶ドクロの秘密を本棚に登録しているひと

ツイートする