わがままこそ最高の美徳

制作 : フォルカー ミヒェルス  岡田朝雄 
  • 草思社
3.57
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794217318

作品紹介・あらすじ

「人生の下劣さに抗する最良の武器は、勇気と、わがままと、忍耐です。勇気は私たちを強くし、わがままは愉しさを生み出し、忍耐は平安を生み出してくれます」(ヘッセ)-小さいときから我が強く、非行少年のレッテルを貼られながらも、自分の好きな道を邁進して世界的な文学者になったヘッセの「わがまま」礼賛の書。戦争や政治の季節の中でも自説を曲げなかった強靱な精神とは。素敵な詩文集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヘルマン・ヘッセ著「わがままこそ最高の美徳」、2009.10発行です。わがままとは、われのままの心をもつこと。地上のあらゆるものが(人間以外)ひたすら自分の心に従って生長し、生き、行動して感じていると。また、人生の下劣さに抗する武器は、勇気と、わがままと、忍耐で、勇気は私達を強くし、わがままは愉しさを生み出し、忍耐は平安をもたらしてくれると。訳者の岡田朝雄氏、ヘッセ氏の訳の専売特許でしょうか。大変な仕事と思います。感謝してます。でも、訳者代わればまた印象かわるでしょうね。「わがまま」言って失礼しましたw

  • わがままこそ最高の美徳、ときました。
    ようは自分の内なる声に従って生きよということか。
    本書は、書簡とか小説からの抜粋とかそうしたものを集めたものとなっている。
    少年時代の想い出を綴ったものや、施設に入っている時の父親との書簡などを読むと、なんという屈折ぷりかと驚く。まさに荒野のオオカミだ。
    ナチス時代について語られているところなどは、現在の日本の状況などに思いが馳せ、何とも暗澹たる気分になる。理性の言葉はかき消されてしまうというのはまさにそうなのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

一八七七~一九六二年。ドイツ、ヴェルテンベルク州生まれ。詩人、作家。一九四六年ノーベル文学賞受賞。代表作に『郷愁』『車輪の下』『デーミアン』『シッダルタ』などがある。

ヘルマン・ヘッセの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
ジェームス W....
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
ヘルマン ヘッセ
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

わがままこそ最高の美徳を本棚に登録しているひと

ツイートする