古代マヤ・アステカ不可思議大全

著者 :
制作 : 芝崎みゆき 
  • 草思社
4.17
  • (18)
  • (15)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 199
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794217622

作品紹介・あらすじ

ほえーッ!とおどろく謎の文明、マヤ、アステカはじめオルメカ、テオティワカンなどのメソアメリカ文明。手軽でわかりやすくかつ深く、その歴史の流れを絵解きします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんと文字までオール手書きのマヤ・アステカ本。
    ゆる~い文章+マンガ形式で、面白おかしく描かれてますので
    メソアメリカ文化の入門書にぴったり。
    範囲はオルメカ文明~植民地期まで手広くカバー。
    独特のヘンテコな風習や神話に対する著者さんのツッコミが冴え渡ります。
    マヤ・アステカ神話のマンガは、登場人物の突飛な行動や言動が
    絵文書のデザインをそのまま使ったシュールで可愛いキャラデザと相俟って笑えます。そしてここでも冴える著者さんのツッコミ。

    めったに出版されない本格的アステカ本だから、全国津々浦々のアステカマニアのみなさんはこれを読んどかない手はないでしょう…
    巻末の参考資料一覧も随分数がありますし…

  • 繝。繧ュ繧キ繧ウ縺ョ蜿、莉」譁??縲√が繝ォ繝。繧ォ縲√し繝昴ユ繧ォ縲√ユ繧ェ繝?ぅ繝ッ繧ォ繝ウ縲√?繝、縲√ヨ繝ォ繝?き縲√い繧ケ繝?き縺ィ繧ケ繝壹う繝ウ縺ョ蠕∵恪縺ォ縺、縺?※邏?譎エ繧峨@縺?峙隗」縺ィ隱ャ譏弱〒髱槫クク縺ォ繧上°繧翫d縺吶>譛ャ縲る擇逋ス縺九▲縺溘?縺ッ繝。繧ス繧「繝。繝ェ繧ォ蜈ア騾壽枚蛹悶→縺励※縲∝クク縺ォ螟ァ蝨ー繧?、ェ髯ス縺ォ逕溘°縺励※繧ゅi縺」縺ヲ縺?k縺ィ縺?≧雋?縺?岼縺ョ繧医≧縺ェ繧ゅ?繧呈─縺倥※縺?k縺ョ縺檎・櫁ゥア繧?函豢サ縺ョ讒伜ュ舌↑縺ゥ縺九i繧上°繧翫?√◎縺ョ隰呵劒縺輔°繧峨°縲∬ウ「縺上↑繧企℃縺弱↑縺?h縺?↓騾イ豁ゥ縺励↑縺?h縺?↓縲√o縺悶→繧サ繝シ繝悶@縺ヲ縺?◆繧医≧縺ェ縺ィ縺薙m縺梧─縺倥i繧後k縲√→縺?≧縺薙→縲りサ願シェ縺ョ繧医≧縺ェ繧ゅ?繧堤衍縺」縺ヲ縺?◆縺ョ縺ォ霆翫r縺、縺上i縺ェ縺九▲縺溘?√→縺九?

  • すべて手書きがびっくり!
    神話がどれも唐突なストーリで面白い。もちろん、これが絵付きなのでなおさら面白い!

  • 圧倒的な内容とボリュームでマヤ・アステカ王国の歴史や風習・神話の世界を解説された本です。

  • 齋藤孝著『大人のための書く全技術』40冊―38

    イラストやマンガ、文章、すべて手書き。ページノンブルも手書き、目次も手書き。
    この本にかけられた尋常ではないエネルギー量と、この情報量の多さ。そして伝わりやすさ。

  • “ほえーッ!とおどろく謎の文明。マヤ、アステカはじめオルメカ、テオティワカンなどのメソアメリカ文明。手軽でわかりやすくかつ深く、その歴史の流れを絵解きします。”―帯より。

     ◇第1章:最初のアメリカ人
      人類、未踏の地へ/最初のアメリカ人と我々/移住の波・アジアとの別れ
      メソアメリカ
     ◇第2章:オルメカ文明
      サン・ロレンソ/ラ・ベンタ/オルメカ美術/冷遇からスターダムへ
      オルメカ文明の拡散/謎の終焉/文字はオルメカ始まりか?
     ◇第3章:サポテカ文明
      モンテ・アルバン/ミシュテか文明
     ◇第4章:テオティワカン文明
      テオティワカン その緻密な計算ぶり/テオティワカンの神々
      テオティワカン文化/テオティワカンの立ち位置と軍事活動/滅亡へ
     ◇第5章:マヤ文明
      マヤの神話『ポポル・ヴフ』/マヤの世界観/マヤの歴史/マヤの神々
      マヤの暦/マヤ文字/《先古典期、古典期〔ティカル・パレンケ・コパン〕》
      古典期マヤの滅亡
     ◇第6章:トルテカ文明
      トルテカの伝説/トゥーラ遺跡/困難なトルテカ/トルテカの最後
     ◇第7章:ユカタンのマヤ文明
      トルテカさんいらっしゃい/イツァー/マヤパン建国/憎い短期暦
      後古典期の南部マヤ
     ◇第8章:アステカ文明
      アステカ参上/アステカの神話
      《5つの太陽の伝説、ウィツィロポチトリ誕生のお話、アステカの神々》
      アステカ社会
      《(1)生けにえ(2)占い(3)教育(4)アステカの読み書き(5)市民生活(6)王の生活》
     ◇第9章:スペイン人、来寇
      果てしない富への渇望/コルテス/アギラール/マリンチェ
      アステカとのファーストコンタクト/モクテスマ2世の苦悩
      トトナカ人来訪/コルテス、背水の陣を敷く/トラスカラ/チョルーラ
      テノリティトラン/モクテスマ2世の異常な気遣い/悲しみの夜
      ふたたびの挑戦/エンコミエンダ/コルテスのその後/マリンチェのその後
      アギラールのその後/マヤ征服/マヤ最後の都市タヤサル/終焉

     ◇コラム
      南米との類似/王の仕事/聖なるセノーテ
      マヤ人のやらかしちまった人々(1)ブラッスール神父の解読
      (2)宣教師ランダ/(3)ル・プロンジョン

     ◇ミニコラム
      星の戦争/マヤの称号/マヤの球技/チョコレート


    マイミク・クラリスカ姉さんより借読。

    手書きの文字(笑)とイラストで書かれた、メキシコ地域の古代歴史の入門書。

    なんだか、学生の自学習ノートを読んでいるみたいだけど、わかりやすくて面白い。他地域と違って、中米の歴史って、あまり詳しく学んだことなかったけど…神話とか、アジアやヨーロッパとは、解釈が違ってて、非常に興味深い。…「なぜ、そこでそうなるの(笑)?」って。

    中南米に興味がある方は、ぜひとも一読していただきたい一冊。

  • 何度も読みたい

  • 全ページ手書きという、目もくらむ密度の本。本体価格1500円だが、著者の気合いや内容の濃ゆさを考えれば、とうていお手頃すぎて申し訳ない気持ちになる。古代、マヤ・アステカ好き必見。

  • マヤ文明は忽然と消えた・・・のではないことがわかった。それでも9世紀頃マヤ中部で何が起きたかは謎だが。
    それにしても、生け贄などが日常的に行われていた文明というのは想像を絶するネ。リアルに解説されていて勉強になった。

  • マヤ・アステカの歴史についてわかりやすく解説されている本。マンガもコミカルで愛らしくて何度も繰り返し読んでしまいます。

全16件中 1 - 10件を表示

芝崎みゆきの作品

古代マヤ・アステカ不可思議大全を本棚に登録しているひと

ツイートする