風刺漫画で日本近代史がわかる本

著者 :
  • 草思社
2.91
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 48
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794218643

作品紹介・あらすじ

幕末に創刊されたワーグマンの『ジャパン・パンチ』、明治の『団団珍聞』や『滑稽新聞』、大正・昭和期の各種新聞や漫画雑誌などに掲載された希少な風刺漫画を200点収載。激動の日本近代史の重要トピックが「漫画」でわかる本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HONZで見つける(2012.1.14)

  • 明治維新から戦後まで

    風刺漫画を題材に世相を伺う。現代同様、必ずしも漫画が世論を代弁しているとは言い難いが、斜に構えた、当時の理性の様を垣間見ることができる。こうしてみると、やはり戦争は軍の暴走だけではないなと。日露の時と同じことをしただけだったのだなと感じた。

  • なかなか面白い。風刺漫画に併せたテーマの解説が付されている。中高生くらいの近代史の補助教材でも使えそう。

  • 当時の世相が分からないと漫画の本当の意味は理解しにくい。
    そういう意味では、やっぱり昭和が面白かった。
    昭和の風刺漫画に限定したものを読んでみたい

  • 企画の勝利、という感じ。
    書かれている内容に特に新味はないのだけど、当時の漫画はかなり珍しく、目を引く。
    今の風刺漫画ってくだらないの極地だと思うんだけど、昔と比べると少しは進化していることもわかった。

  • 基本的に漫画が主役で、文章は解説に徹していて控え目。しかし時代時代の主要な出来事を順に読み進めていくと、教科書で見た年号と一文だけの箇条書きな出来事が、グッと庶民が実際に触れたニュースとして身近に伝わってきます。特に明治〜戦後までの、日本が一番動いた時代、西洋に憧れ貪欲に取り込んだ世代から戦争で排他的な世代までの緩やかな変遷が興味深かったです。

  • 文章の記述は教科書そのもののレベルの低さ。
    しかし、その時々の風刺漫画が時代の世相を反映していたり、あるいは誘導させるものだったり。
    報道機関としての新聞とプロパガンダ機関としての新聞。

  • 請求記号:210.6/Yum
    資料ID:50064816
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1950年東京都生まれ。法政大学大学院修士課程修了。元川崎市市民ミュージアム学芸室長。

「2017年 『昭和戦前期怪異妖怪記事資料集成 下巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湯本豪一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
エリック・ブリニ...
三浦 しをん
エラ・フランシス...
平野 啓一郎
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

風刺漫画で日本近代史がわかる本を本棚に登録しているひと

ツイートする