加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣

著者 :
  • 草思社
3.26
  • (2)
  • (7)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794218957

作品紹介・あらすじ

簡単だけど効果バツグン。ニオイの不安とサヨウナラ。「自分の加齢臭」と闘ってきた著者が、効果のあった"におわなくなる技術"を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20120520
    いずれは気になる日も来るだろうと、冗談半分で購入。
    ところが妻から「よく読んでおいた方がいいわよ」という意味深なセリフ。なので慌てて読了。

    読んで良かった(^_^;)
    身の回りで該当するオジサン達は、明らかにこの本に書かれた加齢臭を発する習慣をしている。
    (脂っこい食事大好き、風呂でよく洗わない)

    もしかして俺も加齢臭するの?という質問には明確な返答がないまま、加齢臭防止のために。
    ・とんこつラーメン我慢します。
    ・スキンケアちゃんとします。
    の約束をさせられました。。。

  • あの奈良巧さんの、著作第一号です。

         *

    もたもたしてるうちに、見本をいただいてしまいました。
    恐縮です。

    天地172ミリ、左右115ミリという、
    やや変わった判型です。
    手に収まる感じで、よいですね。
    (2012年04月13日)

    読み終えました。
    これは、対人関係論であり、家族論です。
    ときどき出てくる「新妻」「妻」「女房」(そして、「古女房」)ですが、
    そこに、「愛」があります。
    (2012年04月13日)

    サインをいただきました。
    http://twitpic.com/9o9iag
    (2012年5月23日)

  • 加齢臭についての対策を述べた本。
    自分でにおいが分かるときはとんでもなくにおうとき。

    ・加齢臭の原因物質=皮脂が酸化 40代:ノネナール、30代:ベラルゴン酸
    ・風呂から出て12時間で加齢臭がでる。
    ・皮脂を取り去りすぎると逆に皮脂がでてくる。保湿すべき。
    ・加齢臭にお勧め石けん
     1:ライオン PRO TEC  におい抑制メマツヨイグサエキス
     2:サントリー プラスデオ  ポリフェノール
     3:ペリカン石けん アロマソープ柿渋  加齢臭ポリフェノール
     4:資生堂 ジョイフルガーデン においを足して良くするハーモナージュ効果
    ・加齢臭には柑橘系が良い
    ・資生堂メンのお店で肌タイプを聞くべし。
      オイリー、ドライ、ノーマル、ドライオイリー
    ・Ag+は菌を分解する強力な効果。しかし加齢臭にはあまり効果はない。
    ・体の酸化防止のためには、抗酸化ビタミンかファイトケミカル。オリーブオイル。
    ・皮脂においがついた服は、酸素系漂白剤のワイドハイターを入れて洗う。

  • なんのこっちゃ。

  • <目次>
    まえがき
    第1章  「加齢臭&汗くささ」の基礎知識
    第2章  加齢臭が消える「セッケン」&「体の洗い方」
    第3章  加齢臭が消える「保湿習慣」と「ワキ臭対策」
    第4章  加齢臭が消える「食事習慣」
    第5章  加齢臭が消える「洗剤」&「洗濯法」
    第6章  「他人のニオイ」の対処法

    <内容>
    2012年刊のものだが、わが職場でも話題の「加齢臭」。自分で気にしている部分は確認の意味で、さらには「加齢臭」を振りまいている「カレ」に教えようかな?という意味で購入。自分の対策としては、石鹸と体の洗い方はまずOK!保湿については、次なるものを購入すべきか考え中。「カレ」に教えることについては、第6章がそうなのだが、「カレ」の性格を考えるとちょっと難しいかな?

  • 市民図書で借りました。図解で説明がありとても読みやすかったです。

  • 2012年を振り返る!
    ってコーナーにあったのでピピンときた

    何か卒論みたいだったな
    商品調べて取材して
    商品のことがいっぱい載ってる
    とりあえず柿渋がいいってことは分かった

  • 体をしっかり洗います。

  • 主人が加齢臭を気にしてか、高い高い石鹸を買って来た。

    その直後にたまたまこの本に出合えたので読んでみた。

    著者が自分の体臭に気づき悩みながらもいろいろ調査し、試し、克服していく様が可愛らしい。

  • 気にせねばならない年になり・・・勉強になりました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958 年生まれ。早稲田大学卒業後、出版社に勤務。50 歳で退職後、独立。現在は、週刊誌、月刊誌のフリー記者として活動。得意テーマは、加齢臭、アンチエイジング、現代栄養学とサプリメント、コンビニ・外食文化と健康について。

「2017年 『におわない人の習慣 最新版 加齢臭読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奈良巧の作品

ツイートする