北京は太平洋の覇権を握れるか 想定・絶東米中戦争

著者 :
  • 草思社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219268

作品紹介・あらすじ

米中激突、日本はどうなる?サイバー攻撃、スパイ工作、尖閣不法上陸-。軍事力では圧倒的に劣る中国が仕掛ける"間接侵略"の脅威を明らかにする。第一級の軍事専門家が、絶東(極東)における米中開戦を想定。戦況の推移、勝敗の行方、日本をはじめとする周辺諸国が蒙るであろう影響をリアルかつ冷静にシミュレート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国と対立した場合に想定すべきことの論考。

    著者独特のリズムで書かれているので、そこがちょっとだけ読むのに苦労した。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1960年長野市生まれ。函館市在住。陸上自衛隊北部方面隊に2年間勤務した後、神奈川大学英語英文科、東京工業大学社会工学専攻博士前期課程(江頭淳夫研究室)、月刊『戦車マガジン』編集部などを経て、現在は著述業。著書に、『「日本国憲法」廃棄論』『日本人が知らない軍事学の常識』『兵頭二十八の農業安保論』『兵頭二十八の防衛白書2016』(以上、草思社)、『新訳 孫子』『[新訳]フロンティヌス戦術書』『「日本陸海軍」失敗の本質』(以上、PHP研究所)、『有坂銃』『たんたんたたた』(以上、光人社NF文庫)、『AI戦争論』(飛鳥新社)、『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』(講談社+α新書)、『日本史の謎は地政学で解ける』(祥伝社)、『「地政学」は殺傷力のある武器である。』『日本の兵器が世界を救う』(以上、徳間書店)など。

兵頭二十八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
兵頭 二十八
兵頭 二十八
太田 述正
有効な右矢印 無効な右矢印

北京は太平洋の覇権を握れるか 想定・絶東米中戦争を本棚に登録しているひと

ツイートする