「コンビニ食・外食」で健康になる方法

著者 :
  • 草思社
3.54
  • (3)
  • (12)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219572

作品紹介・あらすじ

これまで病院や企業などで1万8000件以上の栄養相談を実施してきた管理栄養士が、コンビニ食・外食を上手に使って健康になる「カラダマネジメント術」を公開。外食中心のあなたに贈る必読の書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ご飯食べるまえに読むとイイよね
    いいものえらびたくなる

  • 管理栄養士の方が書いた、外食するならなるべく健康なものをチョイスしましょうという本。自分自身外食が多いので、含まれている栄養素の解説付き食品の選び方は非常に参考になった。とりあえず、出来るところから始めたい。揚げ物、清涼飲料水をやめて、汁系は残すだけでもだいぶ違う。

  • これは良い本!外食やコンビニ食で何を食べるか迷っときに大変参考になる。

  • 資料ID:W0178197
    請求記号:498.583||A 87
    配架場所:本館1F電動書架C

    外食も工夫次第。(スタッフ)

  • 栄養に関する知識ゼロのわたしにとっては、大変参考になった。外食でメニューを見る時は栄養のことを考えて選ぶようになった。
    文章はとても読みやすい。気張らずに栄養面について考えられるよう逃げ道も用意してくれてるところが良かった。著者の優しさを感じるなぁ。
    不溶性食物繊維、DHA

  • 2013.09.19

  • 内容は比較的一般論だったかな。

    野菜を意識して摂ろう、
    朝食は必要、
    塩分に気をつけて、
    揚げ物はほどほどに、など。


    この本を読んで気づいたこと:
    1. 朝食抜いてランチどか食いはご法度
    2. 太る原因は夕食の時間と内容にある。


    夕食を実家でワイワイ大量に食べるのがいけないと言われても、
    自宅で息子とさみしく食べるのもいけてないから、仕方ないね。


    でも、朝食は食べても損はない(反対意見もあるが)なら、
    10分早起きして、
    野菜、フルーツ、タンパク質(卵や魚:シーチキンくらいならすぐできる)を意識して、しっかり食べようかな。


    この本で気になったのは、コンビニ食の添加物について、一切の記述がなかったこと。

    個人的には、コンビニ食の添加物が気持ち悪すぎて、やっぱり食べられない…

  • コンビニ、外食が多く、このメタボがなんとかならないものかと。
    コンビニや外食でのメニューの選び方について、科学的・心理学的に説く。コンビニに行った際に見る目が変わるかも。

  • タイトル通り、外食やコンビニ食での栄養バランスを気にした食べ方に関して書かれた本。各コラムが見開きで1~2ページだったのでちょっとした隙間時間に読むことが出来ました。

    メニュー選ぶ時に一工夫できそう。
    最近のチェーン店のお勧め品を知るのにもいいかも。

    個人的には、CoCo壱番屋のお勧めトッピングがあったら更に良かったのだけど。

  • 凄く勉強になりました。いい本です。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

浅野 まみこ:料理家・管理栄養士。著書に『やせられないのは、「夕方の空腹」が原因だった』(青春出版社)『コンビニ食・外食で健康になる方法』(草思社)

「2015年 『やせる!コンビニ飯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅野まみこの作品

「コンビニ食・外食」で健康になる方法を本棚に登録しているひと

ツイートする